札幌市教委は25日に教育委員会会議を開き、学校教員の懲戒処分を発表しました。
発表内容は下記のとおりです。

被処分者

札幌市立高等学校 教諭 男性 20歳代

処分内容

免職

事案概要

平成25年4月、5月の2度にわたり、女子生徒を自家用車に乗せてドライブし、当該生徒を抱きしめたり、体を触る等の不適切な行為を行った。

監督者

札幌市立高等学校校長 口頭訓告

「被害者等のプライバシー配慮」を口実に、札幌市教育委員会は当該先生の氏名を
含め、「上記以外の事項を公表しないように」と報道機関に要請しています。

札幌市では8月にも中学校の先生がわいせつ行為で懲戒解雇されたばかりです。
当時調査したところ、近隣住民からこの先生に関する相当の悪行を耳にしました。
そして今年2回目のわいせつ行為による懲戒解雇。
いったい札幌市の学校はどれだけ風紀が乱れているのでしょうか。
こんな問題先生をなぜ匿名のまま野に放つのか、まったく理解に苦しみます。

国の法律では懲戒解雇された先生は氏名公表が定められており、たとえ市教委が
隠してもいずれ官報に掲載されるからです。
市教委の無責任体質はイジメ、体罰、低学力などすべてに共通する現象です。
これは札幌の公教育に真の理念や責任感、倫理観が欠如していることに原因がある
ように思えてなりません。
photo.jpg
(教員の権利を丁寧に解説する書籍が市内の書店に並んでいる。教職員の権利ハンドブック:旬報社刊)

権利ばかりを声高に主張する教員が子供に権利の大切さを説き、この子供たちが大人に
日々育っています。
その結果、自らを律し、働く喜びを忘れ、一方で公に施しを求める人が相次いでいます。
こうして自立心を忘れた民族はいずれ滅びていくでしょう。
札幌市の経済再生は小手先の補助金バラマキではなく、長い目で見た教育改革から
始める必要があると私は思います。