札幌市教育委員会は、平成26年12月19日付けで学校職員に対する懲戒処分を行いました。
市立学校で多くの懲戒処分が下されている現状をお伝えするために、記録として掲載しています。

被処分者

札幌藻岩高等学校 教諭 男性 50歳代

処分内容

減給1月(給料の10分の1)

事案概要

人身交通事故

平成26年7月2日(水) 午前8時5分頃、出勤のため自家用車を運転し、南区川沿3条2丁目の藻岩高校敷地内に入るため左折した際、自転車に乗っていた高校生に気付くのが遅れ、同人と接触した結果、全治1ヶ月を要する負傷を負わせた。

被処分者

丘珠小学校 教諭 男性 50歳代

処分内容

減給1月(給料の10分の1)

事案概要

・ 体罰事故

 平成26年6月23日(月)、授業中に体育帽子を放り投げて遊んでいた被害児童に対し、注意を与えたのちに教室前側の机に呼びつけた。被処分者は、この行為に対しては、以前から再三注意をしていたため、強い指導が必要であると考え、被害児童の頭頂部を右平手で1回たたいた。さらに、被害児童が注意に対して何も答えなかったことに感情的になり、被害児童の頭部をつかみ、2回机に押しつけた際、額を2度机にぶつけることとなった。