年の瀬の慌ただしい中、「外務大臣が韓国を訪問する」とのニュースが飛び込んできました。
「なにやら怪しい動き」と思っていたら、なんと慰安婦へのお詫びと反省として韓国政府に10億円もの示談金支払いを約束してきたとのこと。
10億円の対価はソウル日本大使館前の慰安婦像の撤去だと言います。
安倍総理は12月28日、『子供たちに謝罪し続ける宿命を背負わせない』『今を生きる世代の責任を果たすことができた』などとの声明を発表しました。
突然の電撃謝罪劇です。

しかし、この動きにはどう考えても納得ができません。
なぜ、私たち日本国民は延々と韓国に謝罪と賠償を続けなければならないのでしょうか。

「慰安婦問題は虚偽報道だった」

昨年夏、朝日新聞や北海道新聞は、これまでの慰安婦記事を虚偽と取り消して公式に謝罪しました。
道新に釣られて過去3回も慰安婦謝罪を求めた札幌市議会も赤恥を書きました。
強制連行や日本軍の関与を示す証拠はもともとなかったのですが、デマ記事の張本人たちが謝罪したことで日本人の濡れ衣がようやく晴れたのです。

そうかと思ったら今度は日本政府自らがノコノコ韓国に手土産を持って謝罪してきたとのこと。
どうにも、信じられない気持ちです。
いやな予感がして海外の報道を読んでみました。
案の定、日本が悪者になっています。

下記の写真はCNNの記事です。

”South Korea, Japan reach agreement on ‘comfort women’”

CNN.comより

By Holly Yan, KJ Kwon, Junko Ogura and Tiffany Ap, CNN.com より

日韓政府、慰安婦問題で合意

慰安婦のことは英語ではこれまで”comfort women”と呼んでいました。
しかし、この婉曲な表現では意味がわからないということで、本文中で”sex slave“(性奴隷)と説明書きが加えられています。

さらに記事の下の方を読んでいくと、こう書いてあります。

二十万人もの性奴隷・・・?

二十万人もの性奴隷・・・?

“It’s estimated that up to 200,000 women were forced to be sex slaves for Japanese soldiers in World War II, mainly Korean. Other women came from China, Taiwan and Indonesia.”
「第二次世界大戦中、朝鮮人をはじめ、中国、台湾、インドネシアで20万人もの女性が日本軍兵士の性奴隷として働かされたとみられる。」(抄訳)

20万人という数はいったいどこから出てきたのでしょうか。
ずいぶん一方的な決め付けです。
そもそも性奴隷というより、奴隷という考え方が日本にはないのです。
黒人を奴隷として酷使して国内で戦争まで起こしたアメリカさんには言われたくありません。

続いてはアメリカabcニュースの記事。

Japan, South Korea Settle Sex Slave Issue With Gov’t Funds

Japan, South Korea Settle Sex Slave Issue With Gov't Funds By MARI YAMAGUCHI, ASSOCIATED PRESS


 abcNEWS By MARI YAMAGUCHI, ASSOCIATED PRESS

日本政府、性奴隷問題の賠償で韓国と和解

今度はタイトルからいきなり「Sex Slave」(性奴隷)で始まっています。
ありもしない性奴隷で韓国に謝罪しに行ったことになっています。
記事を書いたのはMARI YAMAGUCHIという方のようです。
「MARI YAMAGUCHI」でgoogle検索すると、原発やら沖縄やら安保法制やらと実に香ばしい。
日本をおとしめる記事がこれ以外にもズラズラ並んでいます。
反日を絵に描いたような報道人の所業と思われます。

民間人の強制連行があったのか

私は職業としての慰安婦の存在自体は否定するものではありません。
問題は政府が主体となった民間人の強制連行があったのか、否かです。
戦場で本当にそんなことがあったなら犯罪として裁かれたはずですが、あの悪名高き東京裁判ですら取り上げていません。
それなのに、朝日新聞の捏造記事に尾ひれがついて今や、世界中からこのようなデマ記事が発信され、日本人の名誉が知らないところで日々傷つけられているのです。
アメリカでは慰安婦少女像が立ち並び、教科書にも日本人の非業として子供たちに教えられているとのこと。
「ウソも100回言えば本当になる」ということわざが、そのまま現実になっています。
これは日本政府が村山談話以来この四半世紀、この問題を放置してきたツケです。

総理はハッキリ白黒を付けさせるべきだった

安倍総理に謝罪して欲しいのは朝鮮人慰安婦ではなく、いわれなき汚名を着せられた私たちの先達です。
このままでは国や家族を守るために死んでいった英霊が浮かばれません。
戦地で朝鮮人や中国人、ロシア人に惨殺された日本の民間人も数知れないのです。
国家の名誉を意図して貶める者には正当な罰を与えるべき。
日本国民の名誉を護るために総理はハッキリ白黒を付けていただきたかったと思います。

シナリオを書いたのはアメリカ

この電撃謝罪劇を受けてアメリカは歓迎の声明を発表したとのこと。
恐らくこのシナリオを書いたのはアメリカだろうと思います。
政府の中にもアメリカの指示通り動く輩がいるのでしょう。
しかし、日本はいつまでアメリカのポチを続けるのでしょうか。
我が国はアメリカの虎の尾を踏んではその都度進路をちょろちょろ変えてきました。
あの安倍総理ですら、いまだに総理として靖国神社に参拝できないのが現実です。
戦後70年経っても、いまだに敗戦国の軛から抜け出すことのできない様子を目の当たりにした、本当に後味の悪い年の瀬でした。

来年は日本の独立を取り戻す一年に

さて今年は私自身が選挙に落ちて公人から私人になりました。
社会も経済もいろいろなことがありました。
そんな平成27年ももうすぐ終わりです。
来年は国政選挙があります。
ひょっとしたら衆参ダブル選挙とも囁かれています。
戦後71年目にあたる来年こそは一歩づつでも、日本の真の独立を取り戻す一年にしたいものです。
小生はこれにて正月休暇に入らせていただきます。
読者の皆様も、どうぞよい年末年始をお過ごしくださいませ。