セシウム肉とか牛乳とかお茶とか、魚など、私たちの胃袋に
入るものが、放射能汚染の危険にさらされています。
今日の政府の発表では、福島原発一日あたりの放出量が、
240億ベクレルという事です。
原発のフタが吹き飛んだまま、放射能がダダ漏れしている
このままでは、コメや野菜、果物にも問題が波及するのは
時間の問題でしょう。
既に政府備蓄米が、計画の半分も集まらなくなっていると
報道されています。
平成5年にコメの不作で、大変な米騒動が起きたことを
ふと思い出しました。
もし国産の食料が安全に食べられないとなると、その分を
海外から輸入しなければ国民の生命が確保できません。
新興国の需要増で、世界の穀物価格は高騰しています。
国が財政危機に瀕している現状で、大量の食料を円滑に
海外から輸入できるのか。
そしてそもそも、国産の食料が売れなくなると、農業、
水産業の生産者の生活が成り立たなくなります。
食糧危機が国家の存亡にかかわる事態になります。
しかし政府や与野党が、この食糧危機問題への対策を
考えている様子が伺えません。
いつも時代を一歩先取りしている「みんなの党」も、この
問題へはノータッチです。
かなり深刻な問題のように思うのですが、どういうわけか、
あまりニュースにも上ることもありません。
ただ単に私の心配しすぎだったら良いのですが・・・。