驚きましたね。
松本復興相の発言。
「知恵を出さないやつは助けない」という発言が
問題になっているようですが、村井嘉浩知事との
懇談のやりとりの全文を読んでさらに驚きました。
被災地の知事に向かって
「だからちゃんとやれ」とか
「いいか。分かった?しっかりやれよ」とか、
ほとんどその辺のチンピラと同じです。
大臣の品格というより、人間の品格すら疑わせます。
しまいには、同席していた記者に向けて、
「最後の言葉はオフレコです」
「書いたらその社は終わりですからね」と言って
凄んでいます。
(結局、全社に報道されているわけですが)
こんな人物を復興相に選んだ菅総理の任命責任も
さることながら、これだけのワルを衆議院議員に
選んだ選挙民にも責任があると思います。
しかし、松本復興相は、方々から批判されても、
「辞めるつもりはない」とのこと。
退陣表明した総理が辞めない時代ですから、国民は
黙って指をくわえて見ているしかありません。
小学校で習った「主権在民」という言葉は、いったい
どこに行ってしまったのでしょうか。
日本という美しい国が、民主党政権下でこうして日々、
目の前で壊れていくことが本当に残念でなりません。