明日15日から26日まで予備自衛官の訓練に参加します。
昨年秋、当時勤めていた会社(放送局)には実は内緒だったのですが、
予備自衛官の採用試験に応募しました。
ちょうど尖閣諸島の事件があり、我が国にとって近隣諸国の脅威を
実感させられた年でした。
我が国はどこの国の領土も侵していないのに、中国や韓国、北朝鮮、
ロシアなど、近隣諸国は平気で我が国の権益を侵してきています。
こんな状況なのに、民主党政権は鳩の友愛チーパッパ。
一方的にやられっぱなしで、反撃は一切なし。
かつて祖国を守るため命をささげた英霊に、本当に申し訳ないと思います。
「日本を守るため、一市民としてなにかできることがないのか」
と考えていたとき、私は予備自衛官の制度を知りました。
予備自衛官というのは、普段は民間人として勤務しながら、いざ!と
いう事態が発生したときに、防衛活動に参加する制度です。
世界中のほとんどの国で同様の予備役制度があり、常備兵力と併せた
予備兵の数が、近隣の侵略からの抑止力になります。
東日本大震災でも、多くの予備自衛官が支援に当たっていたそうです。
ただ予備自衛官は、一般職は応募資格が34歳まで。
私は残念ながら年齢制限に引っかかってしまいます。
しかし技能職だと応募資格が55歳未満までで、まだ私にも応募資格が
あることが分かりました。
「技能職」というのは、医師、看護師、建築士、整備士など、手に職を
持っている方から幅広く戦力を募集するものです。
しかし私はたいした資格は持っていないので、半ばあきらめながら、
募集資料を見ていたところ、語学職(英語)の枠があることを発見。
20年近く昔、当時働いていた金融機関でちょっとだけ英語を使う仕事を
していたことを、ふと思い出しました。
語学職(英語)だと米軍との共同訓練の通訳などの仕事ができるそうです。
これならば私でもできるかもしれない。
そして試験はこの春に行われ、無事合格することができました。
予備自衛官の試験は、学歴も職歴も一切問われません。
試験は筆記と、面接、身体検査だけ。
本当に公平な試験だと実感しました。
こんな予備自衛官の制度を、多くの方に知っていただきたいです。
詳しくは、下記ホームページをご覧ください。
http://www.mod.go.jp/gsdf/fan/nakama/m_yobijiho.html
明日からの訓練は、札幌市南区の真駒内駐屯地で行われます。
真摯な態度で訓練に参加し、微力ながら我が国を守る一員となれる
よう頑張りたいと思います。
その間、議員活動はお休みになりますが、このような思いにつき、
何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます。
訓練中、もしお急ぎのご用件がありましたら、私の東区事務所
070-6601-5110までお問い合わせください。