議員は普段なにをしているのか分からない、とよく言われます。
自分も議員になる前は知らなかったのですが、実は予想外に事務作業も
多いことがだんだん分かってきました。

そのひとつが、政務調査費の事務作業。
議員活動に必要な旅費や、自分の事務所で使う事務用品や電気、水道、
備品など経費の一部が、政務調査費として議会事務局から補助されます。
もともと税金ですから、議員はみんな節約して使っているのですが、
使用した明細は年に一度まとめて公開する決まりになっています。
もちろん、領収証もすべて公開です。
これに伴う事務作業が結構あるのです。

大手政党だと、経理作業を担当するスタッフがいるようなのですが、
私のような小規模なところだと、請求書を確認して振り込んだり、
帳簿を付けたり、現金を出したり、伝票を作ったり、という細かい
経理事務を全部自分でやらなければなりません。

やっとのことで完成した書類を、議会事務局に最終点検してもらうと、
間違いだらけで戻ってきてまたイチからやり直し、ということもしばしば。
これが結構な負担になります。
本当は事務作業をしている時間は外回りに出たいのですが、大切な税金を
使っている以上、一円のミスも許されません。
一枚一枚、伝票を整理しているとあっという間に時間が過ぎていきます。

私は月に一回は経理の日と決めているのですが、
今日はその経理の日。
経理作業だけで半日終わってしまいました。
地味な仕事ですが、これも議員生活の一コマです。