先日より定例市議会が始まっています。
今日は、会派の木村彰男議員が本会議で初めて質問に立ちました。
質問のテーマは、市長からの提出議案の「人事案件」について。
今年改選となる教育委員や人事委員などについて、議会の同意を求める人事案件が提出

されましたが、当会派からは、
人事委員の一部等について不適当な点があると市長に質疑で正しました。
札幌市議会の慣例で「人事案件についての質疑は自粛する」との不思議な申し合わせが
あります。
しかしこれは市民からのチェックを逃れるという趣旨ではないと思います。
本人の名誉やプライバシーを侵害するものであってはならないことは当然ですが、

馴れ合い人事、お友達人事など不適切な人事については、必要に応じて厳しく指摘を
行うつもりです。