今日は泊原発の「やらせ問題」をうけて、ほくでん・佐藤佳孝社長が
出席して開催された道議会特別委員会を傍聴してきました。
K3410003.jpg
画面真ん中から左寄りの、首から上がなくなっている背広の方が佐藤社長。
頭が見えないのは、たたりの心霊写真ではなく、報道陣のカメラの激しい
フラッシュで絵が飛んでいるためです。
佐藤社長は9月の委員会では出席を拒否し、今回の道議会の招致でも、
最初はいろいろ言い訳して出席を拒んでいたそうですが、ついに根負け
して出席を決めたようです。
私は前回の委員会も傍聴して、ほくでんは北海道民に説明責任を果たす
意思が全くないことは分かっていたので、実は今日の委員会にはなにも
期待していませんでした。
しかし、マスコミや議会の追及から逃げ回っている佐藤社長は、いったい
どんな人間なのか、この目で確かめてみたいという気持ちで今日は傍聴に
参加したわけです。
ところが、初めて見る実物の佐藤社長は予想外に小柄な人物で、
ワンマンと言われるオーラはほとんど感じることができません。
それでも、前回の委員会で河合副社長が両手をブルブル震わせながら
答弁していたのとはまったく対照的で、佐藤社長は居並ぶ道議さんから
3時間もの厳しい追及をノラリクラリと質問をかわしていた様子を見ると、
これは敵ながらあっぱれ、さすが王者の貫録、と感じさせます。
(感心するところではないかもしれませんが)
佐藤社長は、ヤラセ問題に対する経営者としての責任について
 ・社員が良かれと思い勝手に行った行為で、自分は全く知らない
 ・6月の株主総会で株主の信任を得ている
 ・第3者委員会の答申を受けて、減給処分を受け、責任を取った

として、「社長を辞任する意思はない」と明確に述べました。
道議さんの追及も不完全燃焼の感が強く、すっきりしない委員会質疑
のように感じました。
夕方6時過ぎに委員会は終わり、佐藤社長は例によってほくでんの
高級車にソソクサと乗り込み、夜の街に消えていきました。
K3410004.jpg
1千万円以上するこの高級車。
これも、私たちが払う電気代の一部なんですね。
ため息が出てきます。