今日は「なか卯」の前を通りがったら、普段290円の牛丼が
期間限定で250円になっていて、長い行列になっていました。
私も思わず行列に並んでしまいました。
こんなにおいしい牛丼が250円というのは、本当にすごい
企業努力の賜物だと思います。


ところで今日、野田内閣が内閣改造を発表しました。
マルチ商法の親分であることがバレた山岡消費者問題大臣と、
「私はは防衛素人」と公言した一川防衛大臣を更迭すると共に、
消費税増税論者の岡田さんを副総理に起用するというものです。
NHKニュースを見ていたら、野田さんは
 「最善、最強の布陣で消費税増税に取り組む」
と会見で語っていました。
その意気込みは良いのですが、消費税増税の前に、不景気、
デフレ、失業、震災復興、円高といった国民生活の問題に
先に手を付けてほしいです。
税金の無駄遣い、高すぎる公務員人件費、官僚の天下り、と
いった行政改革は、民主党政権で全然進んでいません。
やるべきことを全然やらないで、ツケは国民に回し、与党の
数の力を良いことに強引に消費税増税をゴリ押し、というのは、
どう考えても理不尽です。
民主党自身がマニフェストで、「4年間は消費税増税しない」
と言っていたのに、国民をバカにしていると思います。
消費税を現行の5%から10%に上げると、約10数兆円の
増収になるそうですが、3年前に民主党に政権交代してから
実は財政支出が約11兆円増えています。
これらは子ども手当や農家の個別保障といった、いわゆる
「バラマキ4K」の産物です。
こんなバラマキをしなければ、消費税増税の必要は無かった
のではないでしょうか。
おまけに、来年度政府予算案をじっくり見ると、一般会計の
総額が約90兆円。
そのうち税収が約42兆億円、国債(借金)は約44兆円。
よく考えてください。
消費税を10%に増税しても、10数兆円です。
借金44兆円をカバーするにはまだ30兆円足りないのです。
消費税増税しても結局、国の財政赤字はまったく解決しない
ばかりか、デフレ下の増税で不況はますますひどくなるでしょう。
ちなみに、借金44兆円を補う予算を組むためには、消費税を
20%近くに上げなければならない計算になります。
さらにいま国の借金は1000兆円を超えています。
この借金を未来の世代に先送りすることなく、もし今の世代で
返済するとなると、30年返済で一年あたり返済額は33兆円。
消費税を35%にあげなければならない計算です。
なか卯の牛丼が290円ではなくて、390円になってしまいます。
お給料はデフレで下がる一方なのに、税金ばかり増えていって
国民生活はいったいどうなってしまうのでしょうか。
もう借金漬けの政治はうんざりです。
社会保障も公務員の人件費も、いまの日本の身の丈に合った
姿にすべきなのです。
税収が44兆円だったら、その中で切り盛りしてもらわなかったら、
いつかは財政が破たんすることは目に見えています。
我が国は勤勉な国民の貯蓄が1千兆円以上と多く、国債を印刷
するだけで簡単に借金ができることを良いことに、さんざん無駄
遣いを続けてきた政府もそろそろ限界が来ています。
ましてこの先、我が国は1千兆円以上もの借金の返済をして
いかなれければならないのです。
政治は国家の確かな未来予想図を描くべきものであり、選挙目当て
の政争やパフォーマンスばかりでは国民は困ってしまいます。
日本を良い国に変えるために、一国民としても、一日でも早い
解散総選挙を望むところです。