今日は朝から近所の病院に行きました。
世の中、不景気と言いますが、病院だけは別ですね。
早朝から、押すな押すなの大賑わい。
私は幼児を連れて、病院の行列に並ぶこと約二時間。
なんとか子供の湿布を出してもらって、その足で市議会に向かいました。
とぼとぼ街中を歩いていると、大通東1丁目のほくでん本社の前で、
若い女性が倒れています。
寒空の下で女性がうずくまって、ひとり苦しんでいるのです。
どうしたんだろう、と何人か集まってきて、女性に声をかけるのですが、
あまりに苦しいみたいで、返事がありません。
私は「大変だ!」と思って、北電の社員を呼んできて事情を説明しました。
ところが、社員は「ああ、建物の外ですか」と言って、暖房の効いた社屋に
そのまま戻っていったんです。
目の前で苦しんでいる人がいるのに、まるで人ごと。
完全無視ですよ。
まあこの人たちに頼んでも仕方ない。
119番して救急車に来てもらいました。
10分ほど待って、ようやく救急車が到着したのですが、それなのに!
女性は、なんということでしょう。
「病院には行きたくない」
と苦しみながら言っているのです。
苦しんでいるところを、なんとか起こして、どうして?と理由を聞くと、女性は
「病院で払うお金がない」
といいます。
国保料を払っていないと、全額個人負担なのです。
しばらくご飯を食べていないとも言っています。
しかしですね、このまま放っておいたら、彼女は凍死です。
こういうのを行き倒れ、というのでしょう。
しばらくして、女性の知人が助けに来てくれて、事なきを得たのですが、
こんな不条理な世の中をなんとかしなければ、日本の未来はないと思います。
病院には元気そうな人がたむろしているのに、その一方で凍死寸前の
若者が金がないから病院に行けないという不条理。
一地方議員として自分の無力を思い、心から情けないと思いました。