昨晩は、かなりの大雪が降りました。
IMG_20120224_090556.jpg
木々にもびっしり雪が付いて、ご覧のような状態です。
東区内の幹線道路は朝にはしっかり除雪が入っていました。
夜を徹して除雪に携わる方々のご苦労に頭が下がります。
それでも一本裏道に入ると生活道路はかなり道が狭くなっていて、
車がすれ違えないところもあちこちにできていました。
そんななかお互いに譲り合いながら、車がすいすい行き交っている
ところを見ると、札幌市民の運転技術とマナーの高さに感心させ
られます。
さて今週月曜日から、代表質問が始まっています。
我が会派「札幌市議会みんなの党」は、今年度最初で最後の代表
質問ということで、22日(水)に木村彰男議員が本会議の壇上に
立ちました。
札幌市議会は定例議会が年4回あるのに、なぜ「最初で最後か?」
というと、私たちの会派は二人しかいないため、代表質問を年1回
30分しか行うことができないルールになっているのです。
ところが、これがもう一人増えて三人になると、いままでの「非交渉
会派」という扱いから、「交渉会派」に昇格し、代表質問も年4回、
通算120分質問できるようになります。
(つまり30分→120分で90分増えます)
代表質問は、他市議会の一般質問も兼ねていて、本会議で市長の
政治姿勢を含めてあらゆる事項について質問できる重要な場です。
しかし、議員をあと一人増やすためには、3年後の次の選挙を待つ
ほかありません。
政治の世界は「数」も力の一つ、という厳しい現実。
こうして日々、壁にぶち当たることばかりです。
(今日はただのボヤキでした・・・)


※木村彰男議員の代表質問の模様は、札幌市議会のホームページ
で録画中継でご覧いただけます。
http://www.city.sapporo.jp/gikai/html/internet.html
また「札幌市議会みんなの党」のホームページにも、原稿の全文を
近日中に掲載予定です。
http://www.maroon.dti.ne.jp/sapporo/index.html