今朝、市議会の事務所に出勤したところ、いままで見たこともないほどたくさんの
手紙が届いていました。
3月27日(火曜日)の定例市議会に上程された意見書のひとつである
「日韓請求権協定に基づく協議に応じることを求める意見書」について札幌市議会宛に

届いた抗議の手紙の山でした。
手紙のコピーが私の手元に届いたとき、すでに意見書は可決されてしまった後でした。
 反対:みんなの党、自民党
 賛成:民主党、公明党、共産党、市民ネットワーク、市政改革クラブ
でも、いただいたお手紙は一通ずつ拝見させていただきました。
札幌市内だけでなく全国から届いていました。
手紙の総意は、

・従軍慰安婦は左翼ジャーナリストのねつ造であると判明していること
・韓国内の民間事業者と個人の間の問題であること
・これらの事実を踏まえながらも、我が国は日韓請求権協定で韓国に多額の
 賠償金を支払っていること
・震災がれき対応や雇用、福祉問題など市内でも問題が山積みなのに、
 市民生活と関係ない事項に議会の時間を割くべきではないこと

こうした怒りと嘆きのお手紙でした。
実は私は日韓友好議員連盟に加入しています。
学生時代に韓国を旅行した時に、多くの人に親切にしてもらったことを覚えていて、
一地方議員として微力ながら、日韓友好の一助になりたいと思うためです。
しかし「友好」というのは、お互いに腹を割って話ができることを言うのであって、

一方的に財産分与を求めたり、事実に反する事柄で相手を攻撃することではないと

思います。
我が国は韓国の教育内容に文句を言ったことはありませんが、韓国は我が国の
教科書の内容にもいちいち介入してきます。
歴史はウソを積み重ねれば、いつかはウソが真実になります。
 ・竹島不法占拠の問題。
 ・ウオンスワップの問題。
 ・野田総理が文化財を返しても謝辞の一つもなかった問題。
一方的に友好の気持ちを持っていても、腹の底を隠したまま相思相愛でなければ
ただの援助外交になってしまいます。
政治家は、うわべだけでなく、国益を考えた外交を行うべきです。
外交は、武器を使わずに自国民を守る手段だからです。
難しい話はともかく、ここは平和な札幌市民の議会です。
売国的なイデオロギーを市民生活に持ち込むのは止めにしてもらいたいものです。

(追記)
その後、札幌市議会の日韓友好議員連盟は退会しました。