今日もあたたかな1日でした。
午前中は事務所で仕事をした後、昼からは東区・新道東駅そばのホテル・ユキタで
開かれた「自衛隊父兄会東区支部」の総会に出席。
「父兄会」というのは、ご子息を自衛官に持つ父母が集まる会です。
3・11直後に福島原発至近に息子さんが派遣されたお母さんからお話をお伺いし、
その心中を思い涙を抑えることができませんでした。
後ろ髪を引かれる思いで会を後にし、そして午後2時からはホテルオークラで開かれた
大学の同窓会の総会にカメラマンとして参加しました。
IMG_20120415_144123.jpg
この時期、毎年恒例の定期総会の後は、お楽しみ講演会。
今日は美人浪曲家として知られる春野恵子先生の講演でした。
春野先生は、「進ぬ!電波少年」でおなじみのケイコ先生です。
その後は浪曲の道に進まれ、いま世界中で活躍されています。
とても迫力のある公演でした。
浪曲は三味線に乗せて浪速節を唄うものですが、そのメロディは西洋の
おたまじゃくしとは全く異なるものです。
自分を含め、いまの若い人たちはどれだけ浪曲に接したことがあるでしょうか。
札幌市の学校では、札響やPMFなどクラシック音楽などに触れる機会は結構
あるようですが、琴や雅楽、能、落語など日本の伝統文化に触れる機会は
あまり多くないようです。
子供たちが西洋文化だけでなく、日本古来の文化に触れる機会が学校で
もっとあればよいのではないか、とも思いました。