石原慎太郎都知事が、尖閣諸島を東京都が買い取ることで調整を
進めていることを明らかにした、とのニュース。
本当に驚きました。
さすが、石原さん。
政治家としてのスケールが違います。
尖閣諸島での中国漁船体当たり事件への政府の弱腰外交に対して、
実に胸がすくような思いです。
東京都が税金を使ってよいのかどうか分かりませんが、もしそれが
許されないとしたら、小生を含め、心ある国民がみんなでお金を出し
合ってでも、先祖由来の我が国の領土を守りたいと思います。
一方で、藤村修官房長官が国会内で記者団に不快感を表明したとも
報じられています。
自国の領土が侵略されようとしているのに、政府として何の手も打つ
ことなく、他人の揚げ足取りをしているとは本当に情けないです。
消費税増税しかり、大飯原発の再稼働問題しかり、今の野田政権は
国民の声に耳を傾ける姿勢が見られません。
一日も早く解散総選挙に追い込み、真の愛国政府を樹立する必要が
あると思いませんか。
日本の救世主として、石原慎太郎知事には大いに期待しています。