今日、消費税増税法案が衆議院を圧倒的な賛成多数で通過しました。
夕方の野田首相の会見をテレビで見ていたら、
 「現役世代、子育て世代、中小零細企業に負担を掛けるのは心苦しい」
 「でも皆が恩恵を受ける社会保障を充実するために、増税先送りはできない」
 「決められない政治ではなく、自分は決めるんだ」
と、いつにも増して力強い決意表明でした。
あれ?
ちょっと待ってください、野田さん。
決めるのはあなたではなく、国民ではありませんか?
いつから主権在君になったのでしょうか?
我が国の国是である民主主義、そしてあなたの党名の「民主」という意味は
国民主権、つまり主権在民という意味ですよ。
民がお上の言われるがままにカネをむしり取られるなら、北朝鮮と一緒では
ありませんか。
原発再稼働を勝手に決めたこと然り、消費税増税然り、口先だけのこんな
暴君を許していてよいのでしょうか?
国会の周りで最近、連日、大規模なデモが起きているそうです。
テレビ、新聞ではまったく報道されませんが、ネットではそう伝えられています。
やるべきこと(=無駄遣い削減)もやらず、「社会保障と税の一体改革」とうたい
ながら、社会保障はまったく手つかず。
財務省官僚の手に踊らされて、まじめに働く国民を苦しめる政治をいつまでも
許してよいのでしょうか?
民は本当に怒っています。
こんな圧政に、必ずや民の鉄槌を下さなければいけないと思います。