6月議会も終わり、いまは市議会が閉会中です。
議員控室でずっと調べ物をしていて、気が付けば窓の外は真っ暗。
IMG_20120713_193841.jpg
最近の議会ロビーはいつも人影もなく閑散としていて、今日も夜になると
残っている議員は私しかいませんでした。
IMG_20120713_194122.jpg
議員ロビー、今日の会議はありません。
IMG_20120713_194053.jpg
議会開会中はド深夜まで残っている議員さんも意外と多いのですが、この時期は
議員の皆さんは地元活動などなさっているのかもしれません。
さて私の机の上にドサッと積んであるのは、今日届いた市役所職員の出張記録です。
市役所の、ある課の一年間の出張記録を情報開示請求で取り寄せたのです。
まだパラパラとしか見ていませんが、驚くべき実態を見つけました。
CCI20120713_0010.jpg
上の写真をクリックして大きく引き伸ばしてご覧ください。
この職員は、研修のために東京に1泊2日で出張して
・日当2,200円×2日間
・宿泊費11,300円
を受け取っています。
日当は良いとして、問題は宿泊費です。
札幌市の職員出張規定では、宿泊費は規定額の上限一律支給で、
領収証は添付しなくてよい決まりになっています。
つまり、どこに泊まってもかまわない仕組みなのです。
しかし、この職員の場合、資料をよく見ると記録の中に宿泊先が小さく
記されていました。
CCI20120713_02001.jpg
研修主催者である「独立行政法人国立青少年教育振興機構」が手配した
宿泊施設に1500円で宿泊しているのです。
札幌市から11,300円の宿泊費を支給されて、実際に払ったのは1500円。
差額の9,800円は出張した職員のポッケの中でしょうか?
民間では考えられない仕組みです。
民間のサラリーマンなら、出張はなるべく安いところに泊まって経費を節約し、
売り上げを上げよう、取引先を増やそう、ひとつでも大きな成果を上げようと、
一生懸命働くところです。
しかし、札幌市の職員はどうやら違うようです。
また、札幌市の規定では航空券は最安のものを利用するよう定められています。
この職員は、東京までの航空券はスカイマークが最安だったのに、高いエアドゥを
利用したということです。
出張精算書のメモによると、
kekko_0000.jpg
「荒天等で欠航になった場合、振替ができないと近畿日本ツーリストから説明が
あったため、次に低廉なエア・ドゥとした」
と記載されています。
しかし荒天の場合は、どこの航空会社も飛行機は飛ばないので、振り替えても
無意味だと思います。
天気の回復を待つほかありません。
ちなみに、スカイマーク社のホームページを見ると振替は可能だそうです(下記)。
「悪天候時の航空券の取り扱いについて」
さて問題は、肝心の出張の中身です。
研修日程によると、初日の研修は昼からの数時間。
そのあと夕方からは、お楽しみの「情報交換会」。(←懇親会のことでしょうか?)
交換会疲れの翌二日目は半ドンで、昼に研修は解散。
これはひょっとして研修を名目とした慰安旅行と言われても仕方ありません。
復命書(民間の出張報告書のこと)も職員のプライバシーのため、ここでは掲載
しませんが、実に情けないレベルです。
とても51,320円もの市民の血税を投じた事業の成果とは言えません。
自分の金でなく、他人の金と思えばこんな使い方ができるものでしょうか。
しかし出張報告の束を一枚一枚見ていると、こんなのばかりなのです。
驚きの札幌市職員の出張の実態(2)は、次回アップいたします。
それにしても、毎日、こういう札幌市職員の実態を見ていると、税金をまじめに
納めていることが本当に虚しく感じられます。
なんとかこの市役所の無気力、無責任、ぬるま湯体質にメスを入れたいと私は
思っているのですが、1万数千人の職員に立ち向かうこと、小生一人。
多勢に無勢とはこのことです。
どなたか、2年後の市議会議員選挙に立候補して、私と一緒に市役所の大掃除
に取り組んでくださる方はいらっしゃらないでしょうか。
勇気と覚悟を持った貴方様からのご連絡を心よりお待ちしております。