今日は財政市民委員会が開かれました。
私は財政市民委員会の委員ではありませんが、重要な案件が審議されるという
ことで、委員外委員として出席しました。
重要な案件というのは、「大通交流拠点地下広場整備基本計画」です。
独特のお役所用語で漢字が続いて意味が分かりずらいのですが、簡単に言うと、
「地下鉄大通駅の地下コンコースが老朽化してきたのでリフォームしよう」
という計画です。
昨年3月には札幌駅と大通を結ぶ地下通路が開通して、とても便利になりました。
完成したばかりの地下通路がピカピカで天井も高く、広くてゆったり作られている
のに対して、大通駅に入ると昔ながらの古い地下鉄構内のままで、時代は一気に
昭和時代にタイムスリップしてしまいます。
これをいまふうの「質の高い空間」(市役所資料による)に改修するのが計画の目的です。
tairyu-image.gif
こんな風にテーブルや椅子も置いて、コーヒーを飲みながら待ち合わせをしたり、
市民が豊かな時間を過ごすことができる空間を作りたいそうです。
そのために、いま大通駅の中に別々に設置されている、住民票発行窓口と観光文化情報
ステーション、図書館の大通カウンターを一カ所に集約して、そこには地上の光が差し込む
吹き抜けも作る計画です。
gyosei-image.gif
リフォーム後の大通駅の全体図はこうなります。
PDF(2012-7-24)0002.JPEG
公共の施設が新しく便利になるのは良いことですが、問題はその費用です。
市の提案では、今回のリフォームになんと22億円もかかるそうです。
財源は国からの補助金が10億円、残る12億円は起債(借金)でまかなう計画です。
しかし、札幌市は巨額の負債を抱えていて、財政は火の車です。
今年から保育料や各種手数料を値上げしたり、あの手この手で市民負担を増やして
います。
そんななか、
・こんな夢のようなぜいたくをしている場合なのか、
・もっと市民の身近なところに予算を使うべきではないのか、
と私は疑問に思いました。
いまの大通駅は確かに古いですが、明るくきれいに整えられていて、特に困っている
人は誰もいないはずです。
今日の委員会では、各会派の議員からも、さまざまな観点で意見が出されました。
今週金曜日(7月27日)から市役所は、この計画に関する市民意見の募集を行います。
市役所本庁舎や各区役所で計画案を配布するほか、ホームページでも公開予定です。
パソコンが無い方には、担当課が資料を郵送してくれるそうです。
ぜひ計画案をご覧になり、市役所にご意見をお寄せください。


【お問い合わせ先】
札幌市市民まちづくり局都心まちづくり推進室都心まちづくり課
〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所5階
電話番号:011‐211‐2692
ファクス番号:011‐218‐5112
メール:ki.downtown@city.sapporo.jp