現在サイトのリニューアル工事中です。見づらい点をご容赦ください。

ネットの古本屋

とりとめもない日記

古本屋というと東京・神田の古本屋街を思い出しますが、札幌にもあちこちにある
BOOKOFFなどのリサイクル書籍店には私もたまに行きます。
おっ!と思う本が破格で売っていたりするのですが、だいたいは売れ筋の本ばかりで
自分が見たい本は意外と少なく、しばらく足が遠のいていました。
ところが、最近インターネット上でも豊富な品揃えを誇る古本通販ショップがあることを
知り、最近私はハマッております。
bo585657m.jpg
最近買ったのがこの一冊。
定価1680円が、このお店ではなんと560円。
bo549068m.jpg
こちらは1,050円の本が220円です。
あの海上保安官がどんな気持ちで尖閣ビデオを流出させたのか、
彼の国への思い、家族への思い、同僚への思いを読むと、思わず私も
涙ぐまずにはいられません。
そういえば、残りの未公開のビデオはどうなったんでしたっけ?
確か、中国人に海にたたき落とされた海上保安官がいる、とか、いっとき
噂になりましたが、その後ウヤムヤですね。
そんなことはともかく、最近のネット古本屋はとにかく在庫が豊富で、少し前に
出た本なら、検索するとかなりの確率でストックがあります。
価格も市場価格で、街の古本店より圧倒的に安いです。
出版社泣かせのネット古本屋ですが、単行本は新刊で買うと結構どれも良い
お値段がするので、日本節約党の私にはありがたい限りです。
こんな古本通販ショップが流行していることを皆さん、ご存じでしたか?
(知らなかったのは私だけかも?!)

コメント

  1. 申し訳ありません。
    小生は最近本を買うのはネットがほとんどになっています。
    本屋さんの店頭に足を運ぶ時間があまり無いためです。
    さて、「体育館の予約をするシステム」とは北海道の3セクが
    経営している予約システムのことでしょうか?
    どんな不都合があるのか、詳しく教えていただければ幸いです。

  2. 地元にお金を落としてください・・・なんて言ったら息苦しいですかね。
    金子さんは、体育館の予約をするシステムって知ってますか?これ、あまり上手くないと思います。