札幌市には、札幌ドーム、さっぽろ健康スポーツ財団、札幌振興公社など、
35もの出資団体(いわゆる3セク)があります。
市役所各局の業務を優先的に受注するこれらの出資団体に、市役所職員OBが
多数天下りしていることは皆様ご存じの通りです。
ここに、札幌市職員だけでなく、北洋銀行や北海道銀行など、金融機関のOBも
役員として天下っていることが分かりました。
kinyu8
                          (出所:札幌市市長政策室改革推進部まとめ)
この表では、常勤役員と非常勤役員が混ざっていますが、このうち常勤役員を
数えると11名います。
そのうち出身会社名を見ると、例えば、札幌都市開発公社の社長は北洋銀行OB、
常務は道銀OB、と日本政策投資銀行OBが1名ずつ。
また札幌市リゾート開発公社の常務は日本政策投資銀行OB等、といった具合に、
銀行出身の天下りがずらり重役に就任していることが分かります。
出資団体で、日々市民サービスに汗を流している一般職員にとってもため息の出る
ような人事では無いでしょうか。
もちろん銀行員は財務に明るい人が多いでしょうから、その知識や経験を生かして
もらうのは決して悪いことではありません。
しかし、財務に明るい人は銀行員だけではなく、民間にも大勢いるのです。
このような公的な団体の重役を外部に求めるのであれば、金融機関の指定ポスト
として肩書きで引っ張ってくるのではなく、公募で広く世間に人材募集すべきです。
本当に金融機関出身者が優れているならば、公募でも選ばれるはずだからです。
金融機関から派遣された天下り役員は、札幌市民のためではなく出身金融機関
の立場で行動する可能性が高く、市民の利益を考えるならば、指定席での天下り
受け入れは避けるべきではないでしょうか。
こうした天下りには、常にGive & Takeの関係が疑われます。
札幌市が発行する電子マネーSAPICAは、北洋銀行と独占提携していますが、
その北洋銀行の役員に今年、副市長が再就職した、というケースもありました。
持ちつ持たれつ、は世の常ではありますが、あまりに絵が出来すぎているのは
困りものです。
これからは、コネや癒着が噂されるような札幌市政ではなく、透明性が高く、
そして明るく、さわやかな札幌市役所を目指すべきではないかと思います。
★参考データ:札幌市の金融機関への預金残高
預金残高.JPEG