北1条西1丁目と言えば、札幌市の超一等地。
そんなここが長いこと空き地で、いま札幌市が管理する駐車場になっています。
10数年前からNHK、ほくでん、札幌市など地権者のあいだで再開発が検討
されてきたのですが、ようやく結論がまとまり、28階建ての超高層ビルを建築
することになりました。
htbnewblg.jpg
                                    (出所:札幌市市民まちづくり局)
右側の市民交流複合施設というのは、いま札幌市役所の隣にある新ピカの
市民ホールを取り壊して、ここに移設するという計画です。
アートギャラリーや文化施設など贅を尽くした施設を作ると聞いています。
そして左側の青い超高層ビルは、低層部には放送局が入居し、高層部が
オフィスになるそうです。
竣工は2018年の予定です。
でもよく考えてみてください。
市民ホールは数年前に新しく立て替えたばかりです。
これを10年もたっていないのにわざわざ壊して、すぐ北側に立て直すのは
あまりに税金の無駄ではないでしょうか。
左側の超高層ビルも、問題です。
この地域のビルは景観を守るために十数階建てくらいの低層にとどめて、
日照を確保するようにみんなで工夫してきたのです。
民間企業が自らの資金で再開発を行うなら、まだ分かります。
しかしここに、環境を守るべき札幌市自らが税金でドーンと超高層ビルを
建てて日照を妨げ、景観を壊すことで、市民の誰が得をするでしょうか。
北1条西1丁目だけにノッポなビルが建ったら、きっとおかしな街並みに
なるような気がします。
総額数百億円というビッグプロジェクトは、市内経済によい影響があるとは
思いますが、その原資が税金となると見過ごせません。
将来の世代に借金を残してこんな無駄遣いは許されないと思います。
せっかくの好立地に空き地があるならば、市民みんなの役に立ち、経済が
活性化するような施設を誘致した方がよいのではないでしょうか。

Webアンケート mapinion