10月29日は決算審査の最終日で、観光文化局の平成23年度事業の質疑が
行われました。
私はスポーツ部所管の出資団体「さっぽろ健康スポーツ財団」の仕組み債と
観光コンベンション部の「外国人受入体制強化事業」を取り上げました。
「さっぽろ健康スポーツ財団」の仕組み債は、内部規定に違反して高リスク・
低リターンの債券に投資を行った結果、円高で多額の含み損を抱え、そのまま
解約も出来ずに、ずっと塩漬けになっている問題です。
昨年の決算特別委員会でも質問したのですが、結局この一年間で損失は
ほとんど改善していません。
財団では今年度から会計士の指導で時価会計を取り入れることを決め、
新ルールによると、含み損は年度末に減損処理を行うことになるはずなの
ですが、委員会での答弁ではその点が明確にされませんでした。
また「外国人受入体制強化事業」とは、国の補助金を利用して外国人向けの
観光DVDを作ったり、無料の観光バスを走らせたりする事業です。
制作したDVDは「旅行会社や航空会社に配った」というのですが、実際に
海外の観光客の目に届いたのかは不明のまま。
市内を走る外国語ガイド付きの無料の観光バスは、延べ59本のツアーを
実施したものの、大型バスに平均乗車人数が一桁という不人気ぶり。
「無料でもニーズが乏しい」との結論が出された、とのことでした。
これらの事業に約5000万円がつぎ込まれています。
典型的なお役所仕事だと思うのですが、「緊急雇用創出事業」という国の
事業で補助金が全額支給されるためか、質疑の中では理事者側にあまり
問題意識が感じられないのを残念に思いました。
他人のカネだと痛みを感じないのは役所も同じなのかもしれません。
※次回の決算特別委員会は10月31日午後1時から、決算認定の採決と
討論が行われます。