札幌市役所は、随意契約案件のインターネット公開を11月から始めました。
悪代官が商人に金をセビる場面が時代劇でおなじみのように、役人と業者の
癒着やワイロの授受などの悪習はいまに始まったことではありません。
コネや談合、癒着など、役所の入札を巡る不正や事件が札幌市でもずっと
続いています。
近代国家ニッポンの法律では、このような業者との癒着を防ぐため、官公庁の
契約は公開の一般競争入札が原則とされています。
しかし、「実際はどうか?」と調べてみたところ、札幌市役所ではどういうわけか
かなりの契約が入札を行わず、「随意契約」で行われていることが分かりました。
(注:随意契約とは、市が独断で選んだ特定の業者と業務を発注することです)
随意契約だと競争原理が働かないので発注価格が市場価格より高くなるうえ、
業者は選んでもらおうと市役所に日参し、幹部と仲良しになる必要があります。
幹部は業者を品定めして、どの業者を選んだら、一番トクになるかを考えます。
トクになるのは市役所幹部だけで、市民にはなんの得もありません。
税金の無駄遣いの温床となるため、随意契約は止めるべきです。
しかし実態は?というと、随意契約は減るどころか、「プロポーザル入札」などと
形を変えつつ増えてきているのが現実です。
(注:プロポーザル入札とは価格ではなく内容を審査するものですが、随意契約の一種です)
私は今年春に行った代表質問で、このような不透明な随意契約は中止するよう
上田市長に求めました。
また、契約業務の透明性を高めるため、やむを得ず行った随意契約については
詳細をすべて公表するよう市長に要請しました。
その後、財政局との協議を経て、この11月から随意契約の全件をインターネット
で公表することが決まりました。
特定随意契約案件一覧(←札幌市役所ホームページへリンク)

札幌市民の皆さまは、ぜひこの一覧をチェックしてみてください。
いかに多くの金額が、随意契約で費やされているかに驚かれることでしょう。
一般競争入札を行わない場合はその理由も一緒に記されているのですが、
実に多種多様な言い訳が書いてあります。
全部とは言いませんが、多くの契約は実際は一般競争入札に切り替えた方が、
きっとコスト削減になるはずです。
いままではこういう契約情報は、なかなか表に出てくることはありませんでした。
今後は、こうしてネットで公開され、市民が簡単にチェックできるようになると、
これまで私が議会で何度も指摘してきた業者との癒着や不透明な随意契約は、
次第にやりずらくなるはずです。
「税金の無駄遣いを止め、市役所に節約の精神を徹底させたい」
これが私の政策目標です。


「やり方を工夫し、多くの人の知恵も使って予算を徹底的に節約する」
「一部のためではなく、本当に市民のためになる事業を厳選し、予算を集中する」
「決めたことは責任をもってスピーディに実行する」
「失敗した事業は、勇気をもって中止する」


そんな札幌市役所に変わるよう、これからも外(=民間)の風を市役所内にドンドン
送り込んでいきます。