正月に家内の実家がある神奈川県に帰省してきました。
今回、私は交通費節約のため、いま噂のLCCことエアアジアとジェットスター社を

それぞれ行き帰りに利用しました。
LCCは予約が早ければ早いほど運賃が割安になる傾向がありますが、昨年の夏に
予約を済ませていたため、正月3が日というのに一人片道約6000円と、これまでの
大手航空会社では考えられない格安運賃で子育て世代には大助かりです。
ところがひとつLCCには難点がありまして、LCC各社の札幌ー東京便は到着空港が

羽田ではなく、千葉県の成田空港なのです。
都心までの時間が余計に掛かるうえに、運賃もJR東日本の成田エクスプレスで東京

都心まで約3千円、リムジンバスでも約3千円と結構高くつきます。
航空運賃がせっかく片道6千円で安く済んでも、陸路に割高感があるのがLCC便の

泣き所でした。
 

ここに登場したのが「陸のLCC」こと、「Theアクセス成田」という空港高速バス。
いままで東京のリムジンバスが一社独占していた路線に、千葉県の平和交通という

会社が去年、新規参入しました。
料金は片道1000円と、従来のリムジンバスの約三分の一。
以前TVHのガイアの夜明けで特集していたのをテレビで見てから興味があり、

今回初めて利用してみました。

出発地は花の銀座、日本一宝くじが売れるという西銀座宝くじセンターの前。
定刻10分前にバス停に到着したバスはピカピカの新車でした。

IMG_20130103_142123.jpg

シートは4列席ながら前後間隔がゆったりしています。
LCCのいわゆる「ケチケチ感」はまったく無く、窓は大きく視界は最高。
振動は少ないし、リクライニングもゆったり。

車内トイレが付いているのもポイントが高い。
運転手さんもとても感じよく、乗客と記念写真を撮ったりして車内はほのぼのと
した雰囲気です。(車内の写真を撮り忘れました。すみません)
都心から成田まで通常は60~70分かかるそうですが、今日は道が空いていた

ためか、50分くらいで成田空港まで到着しました。
バスが良いのは、必ず座れる上に一回乗ってしまえば目的地までノンストップ、

階段無しで空港の出発ゲートの前まで到着することです。
これならば次も利用してみようと思います。

IMG_20130103_152803.jpg
いまは1時間に1本と便数が少ないのが難点ですが、今後次第に知名度が上がり

乗客が増えて来れば、きっと便数も増えることでしょう。
こうして事業者の自由競争があるところには、サービス向上と創意工夫、料金の
競争が行われ、その結果、消費者の利便が生まれます。
一方で役所が不必要な規制を行う市場では競争は生まれず、役所と既得権益を
持つ者がその独占利益を手にします。
運輸業界は「安全」を錦の御旗に役所が理不尽な規制を敷きまくり、これが官民の
癒着、天下りの温床となっていることがかねてから問題となっています。
LCCはいわば黒船のような形で海外から航空業界に参入してきたわけですが、
こういうLCCの追い風をビジネスチャンスとして路線に新規参入したバス会社の
チャレンジ精神を応援したいと私は思います。
 


(お知らせ)当事務所は1月4日より通常通り営業いたします。
除雪問題、市政相談など皆様のご連絡をお待ちしております。