現在サイトのリニューアル工事中です。見づらい点をご容赦ください。

2/22 市電延伸に反対の方はぜひ傍聴を

明日、2月22日(金)午後1時から経済委員会で市電の問題を取り上げます。
平成24年度補正予算で、新たに2両の市電の新型車両を購入する議案が上がっています。
2両で約5億円、これに新型の運行管理システムを導入してシメテ約10億円という内容です。
札幌の市電は売り上げが年間10億円にも満たず、毎年数億円の赤字を出しています。
確かに老朽化した車両ばかりで新車が欲しい気持ちは理解できますが、当初計画になかった
新車をホイホイ購入できるほど交通局の金庫の中にはお金はありません。
明日の経済委員会の審議のあと、すぐ採決が行われます。
経済委員会はどなたでも傍聴できますので、市電のループ化にご興味のある方、
特に市電延伸に反対の方はぜひ傍聴にお越し下さい。

※インターネット中継はありません。

コメント

  1. 素朴な疑問ですが、なぜ循環バスではだめなのでしょう?

  2. 札駅~大通り間の地下歩道で地下鉄が2億7千万の経済損失、タクシーはどれくらいになるのでしょうね。また、地上の人通りの減少で飲食店の閉店が続失。
    上田市政のこの10年、血税で赤字の地下鉄を更に赤字に、必要な除雪もせず市民の生活経済活動の邪魔をしたり、税の使い道の低い無意味で迷惑なイベントを繰り返したりしました。政府がハッキリと経済方針を出しているのにも関わらず、市長はまったく対策を考えていせん。このまま2年も居座られると思うと恐ろしくなります。

  3. ループ化 イメージ的には便利になりそうですが? 昔の路線に戻すだけのことですよね。当時はどういう理由で廃止したのでしたでしょうか? 地下鉄や地下歩道ができたからでしょうね! しかし、採算度外視のお役所仕事ですね。 でも、市民が選んだ市議さんが全員賛成なのですから(1名を除く) 選んだ市民も責任がありますね。