今日の本会議で、市電(交通局)が「新車2両を5億円で購入したい」という
議案に反対しました。
札幌市の市電の歴史は長く、半世紀以上も前から使っている古い車両もあります。
これを札幌市は「雨漏りがする」などという理由で廃車にして、新車に買い替えたい
と言います。
電車の天井は鉄板ですから、冶金技術で雨漏りは簡単に直せます。
本当にそれだけの理由で、まだ使える電車をスクラップにしてよいのでしょうか。
そんなに札幌市電はお金を持っているのでしょうか。
ここで、5億円が札幌市電にどれだけの価値を持つお金かというと、札幌市電は
年間の売り上げがわずか約10億円しかありません。
しかも、売り上げより経費が多くて、毎年数億円の赤字が出ています。
民間企業に例えれば、赤字が積み重なって、倒産寸前の鉄道会社です。
そんな会社が「古い」というだけの理由で新車に買い替えてよいのでしょうか。
そもそも市電は古いのがダメではなく、古いから歴史があり評価されているのです。
実際に札幌の市電は北海道遺産の一つに認められています。
市電は明治、大正時代からある技術で、いまでも広島市など日本各地では
1世紀ちかく前の古い電車が普通に走っています。
良いものを大事に修理して使うことが日本の高い技術力の証であり、文化の誇り
なのだと私は思います。
今回の補正予算で札幌市が新車を買いたくなったのは、国の緊急経済対策、
いわゆるアベノミクスで国から補助金がもらえるようになったからだそうです。
ただし全額補助金を貰えるわけではなく、残りは札幌市民の借金です。
市電を利用しない市民にも負担させて、赤字の市電の赤字をさらに積み重ねる、
今回の札幌市の判断は常軌を逸していると言わざるを得ません。
しかし、この議案に反対したのは私の所属する会派と、みんなの党の木村彰男
議員の計4名だけでした。
環境分野で初のノーベル平和賞を受賞したケニア人女性のマータイさんが提唱
する「MOTTAINAI(モッタイナイ)」はいまや世界の合言葉だそうです。
「環境3R+Respect = もったいない」という考え方が、札幌市68人の議員の
うち私以外の3名にしか理解してもらえなかったのが、本当に残念でなりません。


★今後の議会のお知らせ
明日2月27日は、午後1時から第1部予算特別委員会で札幌市の市債の発行に
ついて質問します。
インターネットで生中継がありますので、ぜひご覧ください。
button_iinkai.jpg
札幌市役所16階で傍聴することもできます。