今日は市議会予算特別委員会で環境局の審議を行いました。
札幌市は上田市長の公約に基づき、「低炭素社会」と「脱原発依存」という二つの
目標を掲げています。
このまま地球温暖化が進めば、人類の居住環境に大きな悪影響があると言われ、
京都議定書で温暖化防止の取り組みを世界で誓ったのが今から十数年前。
札幌市は平成32年(2020年)までに温室効果ガスの排出量を約700万トンまで
減らす取り組みを進めています(ピーク時は約1200万トン)
しかし、2年前の震災で原発が停止してから、市内のCo2の排出量が2割弱も
増えていることが今日の議会での市役所側の答弁で分かりました。
冷静に考えれば、原発が停止している分の電力は原油を燃やしてCo2をモクモク
吐き出しているわけですから、脱原発は一見地球に優しいように思えて実は結果
として地球温暖化を加速させているという矛盾が明らかになります。
私が現時点で考えている温暖化対策としては、福島の反省を元に全国の原発の
安全性を点検し、安全が確認された原発から順次再稼働させることだと思います。
一方で安全性に確信が持てない原発についてはきっぱりと廃炉すべきです。
どっちつかずの問題先送りではなく、早急に結論を出さなければなりません。
幸いに安倍政権はこのような方針で原発再稼働問題に取り組むようです。
札幌市が掲げる「低炭素社会」と「脱原発依存」の二つの目標はそれぞれが理想
ではあることは間違いありません。
しかし、これら両方を同時に実現することは日本の高度な技術力でも困難です。
今日の委員会で私は、
 「温暖化防止のために脱原発依存という看板を当面撤回してはどうでしょうか」
と上田市長に尋ねたのですが、
 「Co2削減を考えるのは北海道電力の役目だ」
 「再生可能エネルギーを増やせば、脱原発は実現できる」
 「札幌にも膨大な再生可能エネルギーが眠っているんです!」
との熱を帯びた答弁であっさり斬り返されました。
私は
 「現実的には市内の温暖化が加速しています」
 「夢から目を覚ましてください」
と訴えたのですが、いまひとつ意見はかみ合わず議論は終わりました。
上田市長の考えは長い目で見れば決して間違いではないと私も思います。
しかし、札幌市を率いるトップとしては、もっと現実を直視してほしい。
市長の方針に職員も市民も民間企業も従わざるを得ないのです。
それにしても今日の議会ではあまりにまっすぐな上田市長の思いに触れて、
「人を説得するのは難しい」としみじみ思いました。