最近、学校での体罰に関する保護者からのご相談をしばしばいただくようになりました。
どなたか分かりませんが、ご相談者の話によると「札幌の教育問題ならカネコに聞いたら」と
アドバイスして下さる方がいるらしいのです。
札幌市では体罰に関する正式な苦情申し立てが昨年度は13件、今年度は8件もあります。
それぞれ体罰事故調査委員会が開かれ、悪質な事犯には懲戒処分が下されています。
「事故調査委員会」というのは生徒や保護者から体罰の訴えがあったとき、学校が事実関係を
調べるために開く委員会のことです。
ところが、この制度を調べていくうちにいろいろな問題点が浮かび上がってきました。
明日(3月12日)は教育委員会に関する来年度予算の審議があり、教育問題の一つとして、
体罰の問題も取り上げる予定です。
学校の体罰を根絶するために、現行制度の見直しを明日の委員会で迫りたいと思います。
予算委員会での審議はインターネット中継もあります。
時間は午前10時~お昼くらいの間です(質問者の順番で時間が変わります)。
ぜひご覧ください。
button_iinkai.jpg