札幌もここ数日ジメッとした蒸し暑い天気が続いています。
残暑お見舞い申し上げます。
最近、自宅のDVDレコーダーの容量がいっぱいになってしまい、今日は家で
録画したまま見ていない大量のビデオをずっと整理していたら、面白い番組が
出てきました。
昨年12月に放送されたNHKスペシャル「日本国債」という番組です。
NHKスペシャル|日本国債 – NHKオンライン
日本国政府の借金残高はついに1000兆円を超えたそうですが、この途方も
ない桁の借金が、まるで怪物のように日本経済に襲い掛からんとする実態を、
更迭された日銀白川総裁や財務省、金融機関、ヘッジファンドなどへの密着
取材で克明にあぶりだしています。
番組の中で財務省の国債課長が「資金繰りで毎日が綱渡りです」と冷や汗を
流しながらインタビューに答えているのが印象的でした。
20年ほど前、私が学生時代には国の借金残高は確かまだ約300兆円くらい
だったのですが、それでも財政学の教授が「このままではもう日本は破産だ」
と語っていたことを思いだします。
それからわずか20年で借金は3倍以上に膨れ上がりました。
まさに私たちの世代がこの莫大な借金を作ってしまったのです。
1000兆円という借金は国民一人当たりで計算すると800万円弱。
とても返せるお金ではありませんね。
さらに国だけでなく地方自治体も借金まみれということを考えると、財政再建は
一刻を争う緊急事態と言えます。
番組は「入るを量りて、以て出ずるを為す」という故事で結んでいました。
「身の程にあった支出に切り詰めなさい」という意味です。
我が国は50兆円足らずの税収しかないのに歳出は100兆円近く、その差額は
キャッシング(国債)で補うのが当たり前になっています。
「100兆円も政府はいったい何に使っているのか?」
「不要な支出は減らせば良いのでは?」
との疑問が湧くところです。
本気で総理が国を立て直そうと思ったら、100兆円の歳出を半分にカットする
必要があります。
公務員給与や医療・年金、生活保護、補助金などバッサリ削減です。
しかし、100兆円を受け取っている立場になればこれを減らされたら死活問題で、
政治家を使って必死で既得権益を守ろうとします。
既得権益層から選挙を応援してもらった政治家は、
「仕方ない。歳出の削減は無理だ。そのかわりに増税しよう」
と動くわけです。
こう考えると、破たん寸前の日本を救うためには不人気は承知の上で既得権益に
鋭く斬りこむ政策を避けて通ることはできません。
これができるのは返り血を覚悟の政治家だけ。
しかし、そんな覚悟の政治家は何人いるのか?
政治家の端くれの私が言うのもおかしいですが、そんな気骨の政治家は皆無では
ないものの、決して多数派ではないような気がします。
かつて大阪維新の会が誕生したときは日本をイチから立て直してくれそうな期待も
一瞬はあったのですが、残念ながら期待は一気にしぼんでしまいました。
元祖第3極こと、みんなの党も政治資金(公金)が不透明であることが明るみに出て、
国政を改革する以前にまずお宅の党が先では?という恥ずかしい有様です。
政治家も役人も、国の将来ではなく自分のことばかり考えている状態です。
こんな状態だから国民の政治への期待が下がる一方なのでしょう。
そういえば、十数年前に拓銀や山一証券がつぶれた時も突然のことでした。
日本国の財政がつぶれるのも、そう遠くないことのような気がします。
(参考リンク)日本が財政危機に陥った場合、国債はどうなりますか・・・財務省


★まとめ
・財政再建のためには大胆な歳出削減が急務
・政治家は国民の生活を守るために不人気覚悟で既得権益に切り込むべき
・ニセ第3極ではなく、国家再建の覚悟をもった本物の政治集団が必要