しばらくブログの更新が止まっていて申し訳ございません。
今日から10月31日までの予定で、第3回定例市議会(3定)が始まりました。
大きな議題は
1.補正予算
2.平成24年度決算審査
3.公契約条例
の3つです。
1の補正予算は、国の国家公務員給与引き下げに併せて、札幌市もちょっぴり職員給与を
引き下げる条例案と、小規模な施設整備や除雪費を増やす内容です。
2の決算審査は、毎年10月に行われる昨年度決算の審議と併せて関連する市政の問題を
約1ヶ月間かけて審査するものです。
そして3番目の公契約条例ですが、これは上田市長の肝いりの公約で、札幌市が発注する
公共工事について業者が適正に賃金を払っているか検査し、違反したら罰則を与えるという
条例案です。
平成24年初めの議会に提案された条例案ですが、「民間企業の経営に市役所が介入
するべきではない」との反対意見から議会の賛否が拮抗していて、結局採決できないまま
1年半も過ぎてしまいました。
今日の本会議では、上田市長はこの公契約条例の案について、いくつかの重大な不備が
あったことを認めた上で、なんと「議案を撤回したい」との意向を明らかにしました。
条例案を撤回するのは議会史上も珍しいことです。
しかしながら、「今定例会中に公契約条例案を修正して再提出したい」とも述べています。
どのような修正がなされるのかまだ分かりませんが、もしかしたら今回は修正案が可決
される目処(票読み)が付いているのかも知れません。
一方で、もし再び条例案が否決されれば、上田市長の政治生命にも関わる事態ともなり、
注目が集まります。
詳細は判明次第こちらでもお知らせします。
なお、これまでの公契約条例についての私の考え方は、以前ブログで記したとおりです。
公契約条例に反対です(2012年02月19日) ←クリックで開きます