25日の決算委員会で取り上げた札幌振興公社の問題の続きです。
藻岩山ロープウェイ山頂駅には「THE JEWELS(ザ ジュエルズ)」という高級レストランが
入居しています。
IMG_2319.jpg
札幌市内を眼下に一望しながら1万円もするワインをたしなむようなお店です。
このお店の家賃がふと気になり、札幌市に契約書を提出してもらったところ、こんな黒塗りの
契約書が届きました。


koushakeiyaku.jpg


まず1ページ目から、契約期間が黒塗りで消されています。
札幌市の場合、このように情報公開を求めると無意味に黒塗りをしてくることがあります。
テナント賃貸借の契約期間は2年くらいが普通だと思うのですが、わざわざ隠してくると
いうことはアヤシイ。
なにかやましい事があるに違いありません。
よくよく問い詰めたら、契約期間は平成44年までの20年間ということを明かしたのです。
では、いったいなぜ契約期間を隠す必要があるのか?
それは契約書の次のページ以降に書かれていました。
なんと、「家賃は無料」だと。
その代わりに、売上のわずか数%を「営業料」として払えば良い仕組みだそうです。
(「数%」が何%かは一切秘密で明かしてもらえませんでした)


eigyouryou.jpg


いくら藻岩山ロープウェイが赤字で不人気だからといって、家賃が無料というのは随分
ヘンテコな契約です。
年間50万人近くが利用する施設です。
家賃無料ならレストラン経営を引き受けたい事業者は市内にたくさんいるでしょう。
ところが、なぜか広島の「合人社計画研究所」という会社がここに入居し、レストランだけ
でなく、売店やプラネタリウム、展望台など建物全般の管理までやっているのです。
札幌市民の財産である藻岩山ロープウェイが食い物にされています。
                                                  (続く)