札幌市議会議員のお給料(議員報酬)は毎月5日に支給されます。
支給額は月あたり86万円で、年2回のボーナスを加えると年あたり約1400万円になります。
今日は支給されたばかりの私の議員報酬の支給明細書を公開したいと思います。
hoshu12.jpg
86万円の議員報酬から所得税と議員会費などが引かれて、手取りは76万円強です。
個人で別に払う住民税、年金、健康保険の約20万円を引くと、実質は月60万円弱です。
これとは別に月上限40万円までの政務活動費も会派に支給されます
政務活動費は使った分だけ支給で余りは返却するものの、税金は非課税ですので全額使ったとすると
手取りはまるまる月40万円。
議員報酬と政務活動費を合計すると、月の手取りはざっと約100万円となります。
かつてあった議員年金はいま廃止され、議員には退職金もありません。
4年ごとの選挙で不安定な職業であることを割り引く必要はありますが、それでも市会議員のお給料は
贅沢すぎる水準ではないでしょうか。
「議員は市民から遠い存在だ」とよく言われます。
これは議員の給料が高過ぎることが原因ではないかと考え、私は3年前の選挙立候補時から議員報酬
半減を主張してきました。
議員として活動するための最低限の生活費は必要ですが、市民の生活水準とかかけ離れた金銭感覚
では、納税者の痛みが分からなくなると思うからです。
市役所の財政が厳しい中、まずは経営陣(市長や議会)が身を切る努力をする。
そうしなければ、職員の協力は得られず、結果として財政再建はおぼつきません。
しかしながら、議会の中では私のような議員報酬削減派は極めて少数です。
札幌市議会で議会改革に取り組む「市民に役立つ議会検討委員会」という組織がありますが、報酬の
見直しはずっと先送りされていて、いまだ検討すら行われていないのが現実です。
ここだけの本音の話ですが、議会の中の声なき声として

・選挙や付き合い、人件費にカネがかかるので実際の手取りはもっと少ない
・国会議員のように政治献金が集まるわけでもない
・政令市の議員は多額の財政支出を監視する難しい仕事で一定の地位が必要
・不安定な仕事、かつ安い議員報酬では優秀な人材が集まらない
・報酬を削減すれば、金持ちや組合役員しか議員に立候補できなくなる
・その結果、貧しい人の声が議会に届かなくなる
・報酬削減は選挙目当てのパフォーマンスだろう
・議員報酬を減らしてもせいぜい数億円。市の財政難には焼け石に水
・市の幹部職員は大きな個室と女性秘書付きで、もっと多額の給料をもらっている
・議員報酬を批判するマスコミだってもっと給料をもらっている

という意見も時々耳にします。
議員は弁の立つ人が多いので、聞いているとそれも一理あるように思えてきます。
本当は欲深い私だから、もらえるものならできるだけ多くもらいたい。
しかし、やはり厳しいながらトップ自ら「まずは身を切る努力を」としなければ、財政再建は到底
実現できないと思います。
市政は民主主義である以上、最後は判断するのは市民の皆さんです。
市議会議員の議員報酬について、皆さまはいかがお考えでしょうか。