明日12月12日は第4回定例市議会の最終日です。
今回の定例市議会で一番大きなテーマは指定管理者を更新する議案が38件です。
昨日の文教委員会では上記38件のうち、所管の施設について質疑を行ったのですが、
質問者は私を含めて2人だけで、あまり関心は高くないようでした。
私の疑問は、今回札幌市のOBが天下る出資団体(3セクのことです)に非公募で指定を
与えていることについて、選定委員会の評価シートを見ると、管理経費削減の縮減に
関する点数が低いのです。
たとえば児童会館を委託する「さっぽろ青少年女性活動協会」では30点満点中16.7点、
生涯学習センターを委託する「生涯学習財団」は200点中108点、といった具合で、
だいたい半分くらいの点数しかとれていません。
選定委員会には学者や会計士、弁護士など専門家が入っていて、専門的見地から
判定すると、コスト削減が不十分という評価がされているようなのです。
     選定委員会の「管理経費削減の縮減」についての評価点

施設名

指定団体

点数

若者支援施設

さっぽろ青少年女性活動協会

30点中17

児童会館及びこども人形劇場

さっぽろ青少年女性活動協会

30点中16.7

こどもの劇場

さっぽろ青少年女性活動協会

30点中16.7

生涯学習センター及び教育センター

生涯学習振興財団

200点中108

青少年科学館及び天文台

生涯学習振興財団

200点中125

    (表は札幌市資料を元に筆者まとめ)
これについて昨日の文教委員会で尋ねたところ、

「児童会館など人件費率が高いので、コスト削減には限界がある」

との答弁でした。
それはそうだと思いますが、非公募ではなく公募で民間企業が選定に参加している他の
施設では競争が働いて管理経費削減の点数が約8~9割と高くなっている例がほとんど
なのです。
札幌市の天下りを受け入れているという馴れ合いで仕事を市から独占的に受けていて、
コスト削減努力も怠るようでは、指定管理制度を導入している意味がありません。
本来は制度の趣旨に従って、すべて公募で業務を開放して、民間企業の新規参入を
促すべきだと思います。
このため昨日の文教委員会では、出資団体に非公募で管理指定する議案5件について
反対しました(反対は私一人で他全員は賛成)。
明日の本会議では指定管理全38件の採決が行われますが、同じ理由で文教委員会
以外の所管を含む10件について反対します。
その他の人事案件や条例改正案などの議案についてはすべて賛成です。
午後1時からの本会議では5分間の予定で反対討論に立ちます。