先週金曜日の夕方に8分間の代表質問を行いました。
「その結果はどうなった?」とのお問い合わせをたくさんいただきました。
手が回っておらず、ブログ更新が遅れていて申し訳ありません。
遅ればせながら、すこしずつ結果を書いていきたいと思います。
今日は土曜授業についてです。
ちょうど1年前の代表質問でも私は土曜授業を提案したのですが、そのとき、札幌市は
「考えてません」とあっさり否定しました。
しかしその後、文部科学省が土曜授業を進める方針に転換したことを受けて、札幌市も
ついに平成26年度から土曜授業を試行的に始めることを答弁で明らかにしました。
大きな前進です。
「サッポロサタデースクール」という名づけられたこのプロジェクト、具体的には月1回程度、
9時~12時まで地域の人材や企業と協力するなどして、さまざまな学習内容を試行的に
模索するようです。
想定される学習内容の例としては下記が挙げられています。
・宿題などを自主的に学ぶ学習支援
・英語学習、歴史文化体験
・企業の出前事業
・スポーツ教室
気になる、実施対象校はまだ発表されていません。
いままで土曜日というとスポーツや塾や習い事に通う生徒以外は目的もなくダラダラと
過ごしてしまいがちでした(我が家もそうです)。
これからは学校が中心となって学びの機運が高まることを大いに期待したいと思います。
※明日以降も代表質問の内容を記していきます。