来年3月開業を目指して工事中の札幌市電ループ化計画は、入札不調が続いています。
今日(4月30日)再入札を行い2社が応札したものの、予定価格を超えて落札できず。
明日(5月1日)午後に再々入札の開札が行われますが、依然入札不調が予想されており、
その場合はやむなく随意契約を行う方針とのことです。
(随意契約とは市役所と業者が直接話し合って金額を決めることです)
入札不調の原因は好景気による賃上げで人件費が高騰していているためです。
市電ループ化は上田市長の公約で、採算度外視で強行されていることは既報の通りですが、
上田文雄氏が大好きな賃上げでループ化実現が危ぶまれていることは皮肉なものです。
民間企業ならとっくに計画見直しを迫られる事態ですが、全く見直しの機運は見られず、
札幌市は市長公約実現のためには税金をいくらでもつぎ込むつもりのようです。
もともと札幌市中心部を貫く駅前通で市電ループ化を行うことには、渋滞や除雪など様々な
懸念が指摘されていて、地元や関係者から反対の声が上がっています。
札幌市は「関係者と協議中」と議会にはずっと説明してきましたが、私が協議状況について
情報公開請求を行ったところ、なんと「協議記録を一切残していない」とのことでした。
職員のウィズユーカードやタクシー券の使用記録はあるので、実際に協議に足を運んでいる
ことは事実の模様。
しかし、多忙のためか不都合な真実を隠すためかはわかりませんが、公務の記録をあえて
残さないという札幌市役所のずさんな(?)仕事ぶりには驚きを禁じえません。
市政の透明性も市民への説明責任もあったものではありません。
協議記録を札幌市が残していなくとも、相手方(国、北海道)が記録している可能性がある
ので、今後これらにも公開請求を行うつもりです。
なお、来春の供用開始に向けた市電ループ化の進捗状況をチェックするため、今年度は
文教委員会ではなく、市電ループ化所管の財政市民委員会に所属することにしました。
今後動きがありましたら、こちらのページでお知らせいたします。