5月16日から開会中の第2回定例市議会(2定)が今日で終わりました。
アベノミクスの影響で工事費が高騰しているために工事予算を追加する議案や税制
改正など小規模な定例会でしたが、16日から自民党・市民会議の会派に入ったこと
もあり、思った以上に慌ただしい日々でした。
帰宅したらバタンキューの日々が続き、しばらくブログの更新が止まっていました。
申し訳ありません。
これまで無所属で議会の小部屋で静かに生活しておりましたが、今度はにぎやかな
大部屋の中に移り、戸惑うこともしばしばです。
いままで議会質問や採決態度は自分一人で自由に決めていたところが、大人数の
合議制となり必ずしも自分の思った通りにはなりません。
先輩が多い議員控室の中では末席で、再び会社員に戻ったような感じもします。
その一方で会派の中では日々自由で活発な議論が交わされていて、またいままでは
入手できなかった情報が容易に得られるようにもなり、自由かつ民主主義を重んずる
国民政党の良さを実感しているところです。
こうしている間に国では日本維新の会が分裂するなど政界も合従連衡で、地方にも
いずれ大きな動きがあるかもしれません。
来年春には任期改選もあります。
新たに市議会に挑戦する若い方の動きも出てきているようです。
次の定例会は9月ですが、任期中の最後の決算議会にあたりますので、少しでも
札幌市のため活動成果が残せるよう私も今から議会準備を進めるつもりです。