最近、地方議員の不祥事が相次いでいます。
都議会のセクハラヤジ問題がようやく収束したと思ったら、今度は政務活動費の不正疑惑で兵庫県議会議員の号泣映像がテレビのワイドショーを賑わせています。
なんでも自作の交通費証明書で架空の政務活動費を300万円以上請求していたのだとか。

札幌市議会では政務活動費はすべて領収書公開ですが、小口交通費など領収証がもらえないものについては、同じように自作の証明書で代用できることになっています。
確かにこの手口なら、ちょっと定山渓温泉あたりで会議に出たことにして架空の交通費をポケットに入れることは不可能ではありません。
ただし、札幌では議員の申請書に会派の代表者がハンコを押して、会派としてチェックする仕組みが設けられています。
繰り返しおなじ手口を使っていれば、誰かがおかしいと気づくはず。
たぶん兵庫県議会も同じ仕組みだろうと思いますが、野々村氏の場合は無所属ひとり会派とのことで、自分で書いた証明書に自分でハンコを押していたのかもしれません。
行政をチェックする立場の議員が公金を私物化するということはあってはならないことです。
このように地方議員の権威を失墜させる事件が相次いでいることに危機感を感じます。

余談ですが、兵庫県議会のホームページで野々村議員の会議録を調べると、ユニークな発言を普段から繰り返している方のようです。
議場で独特の存在感を放っている模様が会議録の文間から浮かび上がってきます。
たとえ変わった質問でも議員の質問ならばまじめに答えない訳にはいかず、理事者(役所幹部)の苦悩が伝わってくるようです。
「人の振り見て我が振り直せ」という言葉を、私も少し考えさせられたところです。