現在サイトのリニューアル工事中です。見づらい点をご容赦ください。

「強制連行は誤報」ついに朝日新聞認める。さて、札幌市議会はどうする?

朝日新聞社は、「日本軍が朝鮮で慰安婦を強制連行した」との報道が虚偽であったことを認め、
「記事を取り消す」と8月5日付の紙面で発表しました。
しかし同じ紙面では、
  • 「意図的な事実のねじ曲げなどはありません。」
  • 「当時、虚偽の証言を見抜けませんでした。」
などと不自然な日本語で弁解するばかりです。
この虚報をもとに国連やアメリカ下院でも日本を非難する決議が出ており、世界中で日本国民が
肩身の狭い思いをしています。
我が国の名誉を長きにわたって貶め続けたことへの謝罪がまったくないことにも憤りを感じます。
そういえば昔、サンゴKY事件のときも弁解がましい記事を載せていたときとよく似ています。
驚いたことに朝日の記事によると、記事を書いた植村隆氏の妻は「太平洋戦争犠牲者遺族会」の
幹部・梁順任(ヤンスニム)氏の娘とのこと。
韓国人詐欺師と家族ぐるみでデタラメ記事を書いていたとは驚きのあまり言葉もありません。
かつて日本を代表するクオリティ・ペーパーと言われた新聞が、なぜここまで日本を貶めるのか?
私はずっと疑問に思っていましたが、ようやく今日その理由が分かりました。
噂によると、植村隆氏は朝日新聞社を退職後、いま札幌に潜伏しているとの情報。
左翼の天下で、さぞ住み心地が良いことでしょう。
さて問題は、これをうのみにして3度も慰安婦賠償決議案を出した札幌市議会です。
平成24年に決議案が可決されたときは、全国から札幌市に非難の手紙が殺到しました。
札幌市議会の権威も名誉も完全に失墜して、全国に恥をさらす結果となりました。
今日の朝日新聞社の弁明を踏まえて、もはやこの決議案は撤回すべきだと思います。
しかし議会事務局によると、いったん出してしまった決議案の撤回は前例がなく、全国にも
同様な行政実例が見当たらないため、現実的に取り消しは相当難しい、とのこと。
そもそも、後で取り消すような決議案を安易に出すべきではないのだそうです。
言われてみればその通りで、返す言葉もありません。
現状の市議会のパワーバランス上も、意見書撤回が可決される見込みは極めて薄い。
今のところ、民主・共産・公明・ネットなどで過半数を占めているからです。
来年4月の地方選挙では市民の皆さまの力で反日議員を軒並み落選させ、正しい市政を
取り戻したいと思います。
改めて全国の皆様にも、お力添えをお願いいたします。

コメント

  1. いつもブログの記事を拝読しています。

    今回、植村元朝日新聞記者を指して「潜伏」という言葉をお使いになっていらしゃることが少し気になりました。
    せっかく正しい主張をされているのに、こうした言葉を使うことで記事を読む人に不必要な誤解を与えたり、先生の活動に反対の立場をとる人に揚げ足取りの材料を与えるのは、とても勿体ないと思うんです。
    ここであえて過激な表現をするまでもなく、植村元記者に対する一般の日本人の厳しい目は変わりません。
    今後益々先生のご活躍の場が広がることを願う者として、より多くの日本人に「受け入れられやすい」言葉選びをお願いいたします。

    これからも応援しています☆

  2. ブサヨに負けないで頑張ってください、応援してます。

  3. がんばれ!金子議員。東京から応援していますよ。

  4. 市議会自らが「慰安婦賠償決議案撤回」の動議がし難いのなら市民が請願陳情等で動機付けしてあげればいいのではないでしょうか。
    オスプレイ展示嫌がらせの件も少数の市民団体によって市長が動いたわけですし
    来年選挙もあることですから良い踏み絵になると思っています。
    議員を動かす前にまず市民が動いて議員が動きやすい環境を作ってあげたほうが利にかなっていると思います。

  5. 米最高裁判決出てたんですね勉強になります(謝)
    朝日は自浄努力しないとただの週刊誌レベル(恥)
    札幌市議会は週刊誌の読み過ぎ(笑)

  6. 金子先生の活動いつて、いつも応援しています。
    次回の選挙では、候補者について、この問題の賛否をあぶり出し札幌住民に知らせる運動を盛り上げる事により、アカで汚れた札幌市政が良くなると思います。
    早速ですが、数十年間捏造と知りながら、国・軍の嘘の強制を報道した責任は重いと思われます。アメリカを始め外国で活躍されてるご子息が、お前達の爺さんが朝鮮女性を強制連行したと、暴力を含めたいじめに遭い、また、長いあいだ疑いをかけられてきた先人を考えると、腹立しい思いです。許してはいけません!
    悔しいのは、日本人がこのような嘘に疑問を持ちながら反日に加担する行動を取っている人がいまだにいることです。
    金子先生、このような外患誘致に対し、重い罰則を与えれる市条例が出来るよう益々のご活躍をお願いします。

  7. 金子先生の活動いつて、いつも応援しています。
    次回の選挙では、候補者について、この問題の賛否をあぶり出し札幌住民に知らせる運動を盛り上げる事により、アカで汚れた札幌市政が良くなると思います。
    早速ですが、数十年間捏造と知りながら、国・軍の嘘の強制を報道した責任は重いと思われます。アメリカを始め外国で活躍されてるご子息が、お前達の爺さんが朝鮮女性を強制連行したと、暴力を含めたいじめに遭い、また、長いあいだ疑いをかけられてきた先人を考えると、腹立しい思いです。日本国民は、朝日新聞に対し、社の全資産を賭け借金してでも(ベネッセに習い)この捏造記事の訂正を全世界に発信し理解してくれるまで許さないだろう!
    悔しいのは、日本人がこのような嘘に疑問を持ちながら黙っていることです。
    金子先生、このような外患誘致に対し、重い罰則を与えれる市条例が出来るよう益々のご活躍をお願いします。

  8. 松蔭女子学院大学(クビ)→北星学園大学非常勤講師
    http://shukan.bunshun.jp/articles/-/4261
    北星学園大学にnpo報告書を偽るような風俗業者の手先に学校施設を貸していた事実関係を昨年問い合わせたことがあったが回答まで結構時間かかってあれが教育機関なのか疑問におもったことがありましたね。

  9. 札幌市民の餓死や子供のいじめ等すぐそばに人権問題があるのに元売春婦、それも外国人を引っ張りだして決議したというのは金子先生のご指摘通り恥さらしと言えます。
    撤回の前例が無いというなら勇気を持ってすべき「過ちては則ち改むるに憚ること勿れ 」
    上田市長がススキノの風俗業者のデモイベントに市長として参加ししたのも前例がありません。来年選挙を考えるなら一度は「慰安婦賠償決議案撤回の動」を出し反対派を炙り出すがいいと思います。
    「従軍慰安婦」造語の生みの親、朝日新聞社の植村隆記者は北星学園大学非常勤講師で
    義理の母「梁順任」詐欺で摘発 判決が8/8にあるらしい。
    米最高裁判所は慰安婦問題で「日本には謝罪も賠償も必要ない」と8年以上前に判決ずみ
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140707-00010000-jindepth-int

  10. 3度の慰安婦賠償決議案の撤回ではなく、決議案の内容の誤り部分についての「訂正と反省決議案」なら、通過する可能性は有るのではないでしょうか。
    この新しい決議案に賛成する議員名と反対する議員名の公開を条件に付けると、反対する事が難しくなると思います。
    この件の真偽を確認する為の、「植村隆氏と朝日新聞社への議会招致決議案」でも良いです。