今日から9月です。
お盆明けから私のtwitter上でのアイヌ民族に関する発言が問題となり、この2週間ほどの間、
新聞やテレビなどで連日取り上げられました。
私個人の発言で本来は自分がその責を負うべきものですが、所属会派の自民党・市民会議
だけでなく市議会事務局、札幌市役所他にも数多くのご意見が寄せられるに至りました。
全国の自民党議員の皆様をはじめ、関係各位にご迷惑をお掛けしたことをお詫びします。
これらの騒動の結果、すでに報道されているとおり、先週末(8月29日)には所属会派から
ついに「会派離脱勧告書」が届くまでの事態になってしまいました。
2014-08-31 10.27.22.jpg
(同じ仲間だというのに、配達証明で822円も掛けて送ってきたのには、いささか衝撃を受けました)

この間、会派からの要請によりインターネット上での情報発信は控えてきました。
しかし、北海道新聞をはじめ一部マスコミによる一方的な批判記事が止むことがなく、
いかにも私が無見識な問題議員であるかのような取り上げ方をされています。
このまま会派にとどまっていては発言の機会を失うことから、8月末で会派を離脱することを決断し、本日9月1日、議会事務局に届け出を行いました。
今日からは再び無所属議員となり、自由な立場での発言を再開していくつもりです。

そもそも私の主張はアイヌ問題だけではありません。
我が国全体で圧力団体や政治を巻き込んだ様々な利権やしがらみが積もりに積もって今の大きな政府につながっていると私は考えます。
国の来年度予算の概算要求がついに100兆円を超えたそうです。
国も地方も財政破綻寸前で、いつまでも言われるがままに不透明な特権を与え続ける余裕はどこにも
ないはずです。
私はこれからも一議員として、行政からおカネをもらう側の代表ではなく、税を納める国民の代表として、常に民間目線でその使い道に目を光らせていくつもりです。

いま全国の皆様から応援や批判などさまざまなご意見を頂いております。
メールや手紙には順番にご返事を差し上げております。
しかし、仕事がまったく追いついておらず、返信に1週間以上要しています。
電話についても受けきれないほど来ているため、話中や不通が多いかと思います。
なにとぞご容赦いただけますようお願いいたします。