かつて社会党の参議院議員を務めた故・萱野茂さんというアイヌの方がいます。
アイヌ文化継承に関する幅広いご活躍の功績で、平成13年に叙勲を受けられています。
この萱野茂先生を引き合いに出して、今朝の北海道新聞が不思議なコラムを書いています。
あの人だったらいま、どう発言するだろうかー
2014-09-05 watanabekun.jpg
(平成26年9月5日北海道新聞札幌圏版26面)
筆者の「渡辺創」氏いわく、
北海道の現状を見て、考えてごらんなさい」「そして私のところにいらっしゃい
と萱野茂先生が私(金子)を穏やかに諭すのだそうです。
思想信条の自由がある我が国で、だれがどんな夢を見ようと自由です。
新聞記者が故人をネタにした妄想を記事にしても表現の自由としてとがめる人はいないでしょう。
ところが、この妄想が第3者を貶めるための記事だとしたら話はまったく違うはずです。
北海道新聞にはこう書いてあります。
短文投稿サイトにこう書き込み、物議を醸している札幌市議がいる
さまざまな立場の市民のために働くべき公人として許されない
「許されない」と考えるのは「渡辺創」氏であって、萱野先生が考えているわけではないはず。
しかしこの記事だと、ならず者の札幌市議を故人が優しく受け入れ諭したとの構図になっています。
私のブログのコメント欄でもお分かりの通り、さまざまな立場の国民の中で社会的弱者を装った
利権や不正に憤りを感ずる方が大勢います。
これらの声を代弁する議員に対して、故人を引き合いに出した妄想で一方的に「許されない」との
批判は論理の飛躍が過ぎないでしょうか。
まして新聞という公器を使い、会って話したことも無い他人を取り上げて一刀両断に切り捨てる
記者の人間性に私は大きな疑問を感じます。
そもそも萱野茂先生は国の参議院議員、私は札幌の地方議員と立場は違えども、同じ政治家です。
参議院の会議録によると萱野茂先生は
「中国や韓国、朝鮮などかつてのアジア侵略政策について誤りを認め、謝罪せよ」
「従軍慰安婦の問題など、未解決の戦後問題を解決すべき」
などと述べており、私とは歴史観も政治信念も正反対の立場であることが分かっています。
なぜ私が、主義主張も異なる萱野先生の懐に飛び込んで教えを請わなければならないのか、
まったく意味が分かりません。
最後に、これを読んでいる北海道新聞の渡辺創さんに申し上げます。
北海道の現状を見て、考えてごらんなさい」「そして私のところにいらっしゃい