札幌市の上田文雄市長は8月29日の記者会見でアイヌ政策に関する私のツイッターについて、
「配慮に著しく欠ける発言だ」と批判したそうです。
「アイヌ民族と会って話をしたことがないんじゃないか」と本人不在の場で言いたい放題です。
質問者は皆様ご想像の通り、北海道新聞の記者です。
菅官房長官への質問も、高橋知事への質問もすべて北海道新聞の質問でした。
政治家にはそれぞれ意見がありますから、基本的になにを仰ろうと自由だと思うのですが、
市役所から会見録を取り寄せてみると、上田市長のアイヌ政策に関する認識はあまりに
現実からかけ離れていることが分かりました。
これについて先日、市議会議長を通じて上田市長に下記の公開質問を行いました。

スクリーンショット 2014-09-24 17.27.18.jpg

上田市長に対する質問趣意書(pdfファイル、198kb)
上田市長はアイヌの人々の生活保護受給率が高いことを理由に「不利益な扱いを受けている」
と述べていますが、実際には私の地元の札幌市東区の一般市民の方が保護率が高いのです。
残念ながら市長はこの現実をご存じないようです。
またアイヌの人々のための専用住宅ローンが焦げ付いている問題も「運用上の問題」などと、
ご自身が市政執行の責任者であることを忘れているような発言が見られます。
上田市長には10月6日までに回答をお願いしております。
回答は届き次第、こちらのホームページで公開いたします。