アイヌ文化交流センターのパンフレットの官製談合疑惑に続きます。
札幌市は「アイヌ民族」と称する人々に対する特別な住宅ローンの制度を設けています。
「アイヌ民族」とは自己申告制で、北海道アイヌ協会がハンコを押せば誰でも「アイヌ民族」として
認められることは、ブログ読者の皆様はもうご存知のことと思います。
これまでの貸し付け残高は約16億円ですが、そのうち7億円以上が焦げ付いています。
(内訳:滞納額4.6億円、期限未到来分2.6億円、平成26年8月末現在)
なぜ、これほどの金額が焦げ付くのか。
それは札幌市は返済しない人に対して、アンケートや督促状を送るだけだからです。
差し押さえ、強制執行などの法的な取り立てをこれまで一度も行ったことがないのです。
銀行の住宅ローンの場合は、数ヶ月滞納するだけで競売予告通知が届き、そのまま返済を怠れば、
念願のマイホームはあっという間に裁判所の強制執行になります。
借りたものは返すのが当たり前で、約束を守れない人には当然のペナルティです。
ところが、札幌市は「アイヌ民族」には今までこうした法的措置を取ったことがありません。
競売でローン債権を回収すれば「差別」と言われ、市役所が批判されるのを恐れるからです。
それどころか、ローン滞納者には本来は10%の延滞料を取る契約になっているのに、延滞料までも
勝手に免除していることが、今日の自民党の川田ただひさ議員の質疑で分かりました。
川田ただひさ議員は札幌市役所の不正なアイヌ利権の数々について、私よりもずっと以前から
市議会で厳しく追及を続けてきた方です。
私は川田議員にこの問題を伺って「一緒にアイヌ問題を是正しよう」と自民党会派に入ったのに、
残念ながら今は別々になってしまいました。

shishin.png
(中略)iyakukin.png

これは札幌市の「アイヌ住宅新築資金等貸付要項運用方針」の一部を抜粋したものです。
運用方針第4条で、返済が滞っても「違約金を徴収しないものとする」と公式に定めています。
「運用方針」とはいわゆる内規で、議会が定める条例とは違い、役所が勝手に決めるものです。
議会のチェックがないので、役人は自分たちに都合が良いよう自由にルールを定めています。
一度ルールを作ってしまえば、それに従ってどんなインチキも正当化できる仕掛けです。
国でも、法律の下に隠れて通知やら要綱やら方針やらと、役人が好き勝手にやっています。
実際の金銭消費貸借契約書をご覧ください。
下記の赤線部のように違約金の定めがあり、債務者本人も承知のうえで印鑑を押しています。
それにもかかわらず、札幌市はこれまで市民に内緒で違約金を免除してきたのです。
iyakukinsho.jpg
まじめに税を納める国民のためではなく、市役所職員がラクなように仕事をしてきたことが
よくわかる事例です。
しかしその反面、アイヌ住宅ローンを借りた人にとっては、実にありがたい話です。
住宅ローンの支払いを怠っても、たまにアンケートや督促状が届くだけ。
放っておいても、なんのおとがめもありません。
延滞料も掛からなければ、差し押さえもないと知ったら、きちんと返済する方が不思議です。
だからこそ、こんな巨額の焦げ付きがまかり通るわけです。
焦げ付きに本気で向き合えば「アイヌ民族」の糾弾で職員は干され、議員は差別者と罵られる。
しかし、こんな不正をいつまでも放置していて良いものでしょうか。
職員だけでなく市議会議員のだれもが、いままでずっとこれに触れずにきたのです。
あまり人に喜ばれる仕事ではないけれど、誰かがやらなければ不正がはびこるばかりです。
1023kaneko.png
次は下記の集計表にご注目ください。
entaiga.png
上の表はアイヌ住宅ローンを延滞している78名の実態をまとめた表です。
真ん中の期間別の表での黄色のマーカーを引いたところは、20年超(241回以上)が6人。
つまり20年以上延滞している人が6人もいることが分かります。
これでは住宅ローンではなく、補助金として「アイヌ民族」に差し上げたも同様でしょう。
負担する財源は、私たち国民が納める税金です。
こんなにも長年にわたり滞納を放置していた札幌市役所はいったいどうなっているのか。
アイヌ協会に「差別」と言われるのを恐れるがあまり、歴代何人ものアイヌ課担当者は
目の前の「アイヌ民族」のローン滞納にずっと見て見ない振りを続けてきたのです。
「アイヌ民族」を称するこんな不正がまかり通っているのに、知らぬは納税者のみ。
ルール無視でなんでもアリ、ずさんな札幌市政の一コマです。
さて、ここまで22日の川田ただひさ議員の質疑のご紹介だけで紙面が尽きてしまいました。
川田議員の質疑のあと、委員会の一番最後が私の順番で、私はアイヌ住宅ローンの具体的な
借り入れ事例を取り上げて問題を追及したのですが、委員会が予想外に紛糾し、議事進行が
一時止まってしまいました。
私にとっても初めての出来事でしたが、その模様は次回に改めてご紹介したいと思います。