平成27年4月12日に行われた市議選の開票結果は大変厳しい結果となりました。
地元だけでなく全国から応援いただいたにもかかわらず、結果は惨敗でした。
得票数は5315票と4年前から半減。
ご期待に応えることができず、誠に申し訳なくお詫び申し上げます。

今回の選挙戦について

街頭では「税金の無駄づかい撲滅」「丘珠空港ジェット化」「教育改革」を中心に訴えました。
今回の選挙戦は組織、政党などから支援を受けない「完全無所属」で戦いました。
また、公職選挙法を厳守し、選挙違反を犯すことがないよう細心の注意を払ったつもりです。
街頭では「がんばれ」「負けるな」と数えきれないほど多くの方に励ましの声を掛けていただきました。
率直に言って4年前にみんなの党公認で立候補した時よりも、ずっと強い手応えを感じていたのです。
その一方で、演説中に「アイヌ#$%・・・」と叫ぶ人に執拗に邪魔を受けるなど、いままで経験したことのないマイナスの反応があったのも事実。
政治家として信念を打ち出して批判を浴びるのは避けられないことかもしれません。
しかし、結果的に有権者の多数の支持を得られなかったのは、私自身の不徳の致す所です。
選挙戦術だけでなく、これまでの議員活動を含めて大いに反省すべき点があると考えています。

札幌市長選について

市議選と同時に行われた札幌市長選は、秋元克弘さんの圧勝でした。
有権者は向こう4年間の札幌市政のかじ取りを札幌市職員OBに託したことになります。
人材豊富な道都・札幌で市職員OB以外に適材はいなかったのか、と残念に思います。
この4年間、市議会議員として見てきた札幌市役所はまさに腐敗の温床です。
市役所で昼間から赤旗を読む、庁舎内で堂々と選挙運動するなど当たり前。
札幌市役所のデタラメぶりはこれまで本ブログで記してきたとおりです。
秋元新市長が市職員のための市政から、市民のために改革してくれることを祈るばかりです。

金子の今後について

思えばこの4年間、時には回り道もしながらも議員活動にひたすら専念してきました。
仕事に集中するあまり、家族を思う時間も少なかったことも反省しています。
正直に言うと落選するとはまったく考えておらず、選挙後すぐに議員活動を再開するつもりで次の議会の準備をしていました。
しかし、期せずその必要はなくなってしまいました。
これは「休みをとるべし」との天の声なのかもしれません。
ひとまず充電期間を取りながら、今後の方向性を練ろうと思います。
本ホームページの更新はしばらくの間、不定期でお休みさせていただきます。
twitter、Facebookでは引き続き、ゆるく情報発信を続けています。
よろしければフォローをお願いします。

最後に

今回の選挙戦で投票してくださった5,313人の東区の皆様に心より御礼を申し上げます。
いったん議員バッジはなくなったものの、日本を良い国にしたいとの心根は変わりません。
アイヌ官製談合に象徴される札幌市役所の不正、腐敗を止めさせる取り組みは、ひとりの国民として今後も粘り強く続けていくつもりです。
ホームページを通じて応援いただいた全国の皆様にも重ねて感謝を申し上げます。
誠にありがとうございました。