現在サイトのリニューアル工事中です。見づらい点をご容赦ください。

皆様の応援に御礼申し上げます(平成27年挑戦記、終わり)

平成27年、市議選挑戦記

平成27年4月12日に行われた市議選の開票結果は大変厳しい結果となりました。
地元だけでなく全国から応援いただいたにもかかわらず、結果は惨敗でした。
得票数は5315票と4年前から半減。
ご期待に応えることができず、誠に申し訳なくお詫び申し上げます。

今回の選挙戦について

街頭では「税金の無駄づかい撲滅」「丘珠空港ジェット化」「教育改革」を中心に訴えました。
今回の選挙戦は組織、政党などから支援を受けない「完全無所属」で戦いました。
また、公職選挙法を厳守し、選挙違反を犯すことがないよう細心の注意を払ったつもりです。
街頭では「がんばれ」「負けるな」と数えきれないほど多くの方に励ましの声を掛けていただきました。
率直に言って4年前にみんなの党公認で立候補した時よりも、ずっと強い手応えを感じていたのです。
その一方で、演説中に「アイヌ#$%・・・」と叫ぶ人に執拗に邪魔を受けるなど、いままで経験したことのないマイナスの反応があったのも事実。
政治家として信念を打ち出して批判を浴びるのは避けられないことかもしれません。
しかし、結果的に有権者の多数の支持を得られなかったのは、私自身の不徳の致す所です。
選挙戦術だけでなく、これまでの議員活動を含めて大いに反省すべき点があると考えています。

札幌市長選について

市議選と同時に行われた札幌市長選は、秋元克弘さんの圧勝でした。
有権者は向こう4年間の札幌市政のかじ取りを札幌市職員OBに託したことになります。
人材豊富な道都・札幌で市職員OB以外に適材はいなかったのか、と残念に思います。
この4年間、市議会議員として見てきた札幌市役所はまさに腐敗の温床です。
市役所で昼間から赤旗を読む、庁舎内で堂々と選挙運動するなど当たり前。
札幌市役所のデタラメぶりはこれまで本ブログで記してきたとおりです。
秋元新市長が市職員のための市政から、市民のために改革してくれることを祈るばかりです。

金子の今後について

思えばこの4年間、時には回り道もしながらも議員活動にひたすら専念してきました。
仕事に集中するあまり、家族を思う時間も少なかったことも反省しています。
正直に言うと落選するとはまったく考えておらず、選挙後すぐに議員活動を再開するつもりで次の議会の準備をしていました。
しかし、期せずその必要はなくなってしまいました。
これは「休みをとるべし」との天の声なのかもしれません。
ひとまず充電期間を取りながら、今後の方向性を練ろうと思います。
本ホームページの更新はしばらくの間、不定期でお休みさせていただきます。
twitter、Facebookでは引き続き、ゆるく情報発信を続けています。
よろしければフォローをお願いします。

最後に

今回の選挙戦で投票してくださった5,313人の東区の皆様に心より御礼を申し上げます。
いったん議員バッジはなくなったものの、日本を良い国にしたいとの心根は変わりません。
アイヌ官製談合に象徴される札幌市役所の不正、腐敗を止めさせる取り組みは、ひとりの国民として今後も粘り強く続けていくつもりです。
ホームページを通じて応援いただいた全国の皆様にも重ねて感謝を申し上げます。
誠にありがとうございました。

コメント

  1. 欧米ではパリ・テロ事件以降、難民の受け入れ拒否その他、それ以前の民族派的な右派政党の台頭傾向だけでなく、今は一般国民の外国人受け入れに対する拒絶感も急上昇しているようです。よって、自国民より外国人の人権を声高に叫ぶような政党は、日本においても今後しばらく国民の支持を得にくくなるものと思われます。
    また、安保関連法案に関しても、よく分からずに反対していた人が多かったようで、最近の安倍政権は支持率が急上昇しています。選挙というのはタイミング、時期によって結果がかなり急変するものなのでしょう。
    来年は参議院選挙の年。衆参ダブル選挙の可能性も結構高いようです。自民党からの立候補は難しいでしょうが、保守系野党の次世代の党か大阪維新の党などからの出馬に期待しております。

  2. 残念 この一言ですね。きちんと仕事をしているのと有権者の支持を得ることとは全く別物なんでしょうね。今後のご活躍に期待を寄せています。お疲れ様でした。

  3. 職業=予備自衛官って書いたから、落選した?? (職業とはちょっと違う気がしますが)、

    『予備自衛官』はダメなんでしょうか?

    私の周りには、予備自衛官の方いますが、素敵な方が多いです。
    落選した理由の一つが『予備自衛官』というのであれば、違和感を感じます。
    『予備自衛官=ダメ』というように聞こえます。

  4. このコメントと当落は関係性が薄い。落選したのは誰かのせい?
    政治家には向いていないと思います。

    『演説中に「アイヌ#$%・・・」と叫ぶ人に執拗に邪魔を受けるなど、いままで経験したことのないマイナスの反応があったのも事実。』

  5. 確か昨年9月の議員辞職勧告可決のときにこのHPに金子氏は落選するだろうと書いたが、
    今日それが現実のものとなってしまったようですね。
    まあ、金子氏と同類の田母神氏や保守党北海道の候補も各選挙で落選してるからヘイスト極右ブームは
    もう終焉したといっていいだろう。
    安倍晋三だってアメリカが怖くて靖国参拝ができないくらいだから。
    日本の保守・右派なんてこの程度のものなんだよ。
    俺は元町あたりで偶然に金子氏の演説を聞いていたが、あのか細い声で「HPを見てください」と話していても
    有権者には響かないね。
    金子氏は政治家には向いてないと思うから評論家にでもなって東京に帰った方がいいと思うよ。
    北海道は今や現状維持を望む道民が多数なのだから、フロンティアスピリッツなど過去の話。
    まあ、俺は金子氏とは考え方が違うし、市長選挙では飯田氏を応援していた中道左派だが、それにしても昨年9月の議員辞職勧告は異常でしたね、

  6. 久しぶりにこのHPを見たが、以前とは随分と様変わりしたものですね。
    確か昨年9月のあの議員辞職勧告のときにここに書いたと思うが、おそらく金子氏は落選するだろうと。
    それが現実のものとなっでしまったようだ。
    完全無所属で支持組織もない、政党の支援もない候補は無党派層の支持を受けなければならないが、
    無党派層は地方選挙になど関心がないから大政党や創価学会の票が受からないことになる。
    とはいえ田母神氏や保守党北海道の候補も軒並み落選。
    どうも極端な考え方を持つヘイスト連中による極右ブームはもうピークが過ぎたようだ。
    俺は選挙中偶然に金子氏の演説を聞いていたが、か細い声で「HPを見てください」とか言っても
    あれでは有権者に訴えるものがないね。
    そもそも金子氏は政治家には向いてないと思うから、評論家にでもなって活動した方がいいと思うし、
    この北海道という土地はもう現状維持しか考えていない道民が多数だから昔のようなフロンテイィアスピリッツなど
    過去の話だから東京に帰るなら今のうちだと思うよ。

    • 極右ブームはもうピークが過ぎた~なんて2度も偉そうに書き込んでいる割には文章が恥ずかしいですね。日本語を勉強してから投稿してね。

  7. 東区民でなかった事を残念に思います。
    頭のイカれた札幌市職員はいつの日か国民の審判を受ける事でしょう。
    日本中が札幌市の異常性に気づいています。沖縄のように糾弾される事でしょうね。
    悪は一時無敵のように感じるが、長続きしない事は歴史が証明しています。

  8. アイヌ施策課を舞台にした官製談合・・・やはり、金子先生は間違ってはいなかった。市議としての権限は無いですが、一市民として市政に物を申す権利はあります。私も一市民として協力します。

  9. >自分が落選して当然とは思いませんか? 
    これ書いたの市職員。