札幌の街は今日は横殴りのボタ雪で大変な一日でした。
出先でクルマが雪に埋もれてしまって掘り出すのに大汗。

自宅の近所にて

自宅の近所にて

朝は大雪かと思えば午後から晴れて気温が上がり、幹線道路は雪解け水でまるでドブ川のようでした。
平成28年に入り、うるう年の2月も今日で終わりです。
今日は今年はじめてのブログ投稿です。
日々の生活に追われて、更新が二ヶ月も滞っていたことになります。
大いに反省しています。

今日、吹雪のクルマの中で国会中継を聞いていたら、江田憲司さんが企業献金の廃止を
めぐって安倍総理に厳しく噛み付いていました。
熱っぽい江田節を久しぶりに聞いて、とても懐かしく思いました。
江田憲司さんは私がかつて所属していた「みんなの党」で幹事長という役職を務めていた方です。
みんなの党は「自民でも民主でもない、第三極をつくる」が党是でした。
江田さんはみんなの党を辞めて「結の党」を作り、その後は維新の会に合流。
維新の会が分裂したあと今度は民主党と一緒になるそうです。
直言居士のあの江田さんがよりによって、民主党と一緒とは、いったい何が起きたのか?
いったい何が江田さんの目的なのか?
政治の世界は一寸先は闇と言いますが、私のような凡人には理解し難いことです。
「民主党と一緒」といえば4月に行われる北海道5区補欠選挙は与野党全面対決とのこと。
「自民党」vs「共産党その他野党」との壮絶な戦いです。
東西冷戦の構図がいま北海道に再来したかの様相です。
自民党から新人として国政に挑戦する和田義明さんの必勝を心より祈ります。

さて自分自身の政治活動はいま小休止状態です。
ブログも止まっているため、「東京に戻ったの?」と聞かれることすらあります。
私は零細企業を営みつつ、札幌で家族とともに今までどおり暮らしています。
世はマイナス金利というのに決算期の資金繰りは厳しく、お国のために教育・勤労・納税の義務を果たす
毎日です。
4月には予備自衛官の召集訓練もあります。

そんな日々の中、お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、社業のかたわらで、
実はわたくし最近「北洋テレビ」に出演しています。
onちゃんで有名な「北海道テレビ」ではなく、パンダのマークの「北洋テレビ」です。

↑「北洋テレビ」のチャンネル登録はこちら

北洋テレビ」とは地上波ではありません。
インターネット上のテレビ番組です。
北洋新聞のテレビ版といったほうが分かりやすいかもしれません。

現時点ではテスト放送中で、今年6月の正式に開局します。
時事ネタから地元政治経済、不動産情報まで幅広く取り上げるミニ放送局です。
私はカメラマン兼出演者として番組作りを手伝っています。
視野の狭い言論空間がはびこる北海道に新風を吹き込むメディアを応援したいとの気持ちです。
議員バッジも外れて、番組の中では自由に発言しております。
時には今後はカメラを持って取材に出てみるつもりですので、ぜひご覧ください。

そして「北洋テレビ」の発行元である北洋新聞(日刊紙)も本日創刊700号を迎えたとのこと。
hokuyo-np700
私は創刊の頃から北洋新聞を定期購読しています。
いつまで続くのかと思っていましたが、一度も欠号を出すことなく日刊紙として続いています。
ホームページからメールアドレスを登録すると、毎朝6時ピッタリにメールで新聞が届きます。
目覚まし時計代わりになります。
独自の切り口でまとめられた紙面も病み付きになること請け合いです。
セイコーマートの広告チラシも掲載されていて、日替わりのお買い物にも役立ちます。
札幌にお住まいの方はぜひ登録してご覧になってはいかがでしょうか。