選挙が近くなるとさまざまな団体からアンケートが届きます。
候補者の考え方を調べて投票活動につなげようとするもので、大変有意義だと思います。
今回の選挙からはアンケートに回答した内容を私のホームページでも公開していきます。

さて今日は「公契約条例の制定を求める会」からアンケートが届きました。
上田市長の公約の目玉でしたが、平成25年11月の市議会で僅差で否決となりました。
私が団体側に回答した内容は下記のとおりです。
(質問状は末尾に掲載しています)

公契約の適正化について質問と回答 (画像を一部加工しています)

公契約の適正化について質問と回答 (画像を一部加工しています)

 

 

4月の改選後の議席バランスや新市長の考え方によっては再度上程されて可決される
危険性も否定できません。
2年前に議会で否決された時は、公契約条例制定のキャンペーンを連日展開していた
北海道新聞が地団駄を踏んで悔しがっていたことを思い出しました。

参考リンク)
公契約条例はついに廃案に!民意の勝利。官の暴走に終止符が打たれる。

公契約条例反対の討論要旨を掲載します

「公契約条例の制定を求める会」からの質問状はこちらです。

ko-q1 ko-q2