増税の前にやるべきことがある。正しく使えば予算は充分にある。

特集・アイヌ利権

  • HOME »
  • 特集・アイヌ利権

「アイヌ民族はもういない」

平成26年夏、ツイッターでこう発言して私は自民党を除名になりました。
市議会からは議員辞職勧告決議を突きつけられました。
私はアイヌを侮辱したり、アイヌの歴史を否定する意図はありません。
納税者の代表として、札幌市役所のアイヌ政策に疑問を投げかけているのです。

北海道には阿寒湖畔のアイヌ文化遺産や、札幌市小金湯のアイヌ文化センターなど、
観光客向けのさまざまなアイヌ関連施設があります。
実は私は市議会議員になるまで、北海道のあちこちにある観光施設を訪れては、
「アイヌは昔から北海道にいた人だろう」程度の知識しかありませんでした。
本当にお恥ずかしいことです。

しかし平成23年、議員として札幌市役所の議員控室に席を置くようになると、
ときどき、庁舎内に不思議な人達がいることに気付きました。
アイヌ衣装を着た人が、なにやら居丈高にアイヌ「民族」の権利を主張しています。

アイヌ専用住宅を建築せよ
それまでは市営住宅に優先入居させよ
アイヌ民族の特別雇用対策をやれ
それまでは市役所の臨時職員として採用せよ
市役所の新入職員にアイヌ教育をやれ
大学に優先入学させよ
アイヌ民族の特別年金を作れ
学校でアイヌ語教育をせよ
藻岩山ロープウェイ売店に参入させよ
観光施設にアイヌ語で案内表記せよ
(参考)札幌市作成資料

まるで同和かと思うような要求を並べて、言いたい放題です。
勢いに押されて「お説ごもっとも」と彼らの主張にうなづく市役所幹部たち。
調べてみると多額の予算がアイヌ「民族」のために使われていることが分かりました。
これらのアイヌ事業を検証するうちに、「これが正しい税金の使い道なのか?」と、
私は大きな疑問を抱くようになりました。

アイヌを騙った不正融資や、アイヌを名目とした怪しげな事業の数々。
ずさんな経理や事故などで、上級官庁からもお叱りを受けることもしばしば。
しかしなぜか、アイヌ事業は市役所の中で触れてはいけないタブーになっています。

  • なぜ同じ日本人を特別扱いしなければならないのか?
  • アイヌ語で生活するアイヌ「民族」はいるのか?
  • そもそも、アイヌは本当に日本の先住民族なのか?

この根本的な疑問に触れた瞬間。
まるでパンドラの箱を開けたような大騒動が始まりました。
詳しくは、この間に私が書き連ねてきた下記のブログ記事をご覧ください。
(かなりの分量があります)

1.アイヌ事業の官製談合

アイヌ官製談合、ついに札幌市幹部が認めて謝罪。アイヌ利権の闇は深い

なんと、札幌市のアイヌ事業で官製談合疑惑を発見・・・

2.アイヌの住宅不正融資

親子でアイヌローンを借りて、互いに連帯保証。そのうえ一家で破産とは?

アイヌ住宅貸し付け、札幌市のずさんな仕事

3.アイヌ民族は日本の先住民族なのか?

「アイヌ民族は日本の先住民族」あの札幌市議会が、とんでもない決議を発表!

「なぜアイヌのみ異民族扱い」故・知里眞志保・北大教授談

「民族としてのアイヌは既に滅びた」〜世界大百科事典(平凡社)より

アイヌ施策に関するツイートについて

4.アイヌ文化は日本文化の一つである

アイヌ文化の担い手は、本当にアイヌ民族なのか?

5.上田市長とのやりとり

[公開質問状] 上田文雄・札幌市長から回答書が届きました

上田市長に公開質問状を提出しました

6.議員辞職勧告を受けた経緯

アイヌ利権が国民世論を封殺する瞬間。明日の札幌市議会にご注目を

「SAPPORO AGAINST RACISM」から議員辞職の陳情が届きました

「辞職勧告」可決確実! 9月22日本会議で採決か

 

札幌市政へのお問い合わせ、ご意見は

記事をgoogleで検索

  • facebook
PAGETOP
Copyright © 金子快之事務所 All Rights Reserved.