毎朝、東豊線沿線の駅頭で朝のご挨拶をしています。
2月1日に私が始めたときは、あまり他の候補者を
見かけること少なかったのですが、最近はだんだん
他党の方とバッティングすることが増えてきました。
「いよいよ本番近し」と感じます。
ここ一か月間、毎日続けているためか、「おはよう」
と挨拶を返してくれる方や、「頑張れ」と声を掛けて
下さる方もいて、本当に励まされます。
ところで、駅立ちのスタイルなのですが、私は
いつも
ハンドマイクを持って熱っぽく大声で政策を
訴えています。
ところが他党の方々をよく見ると、駅の出入り口で
ニコニコと挨拶だけに専念されている方が多く、
スピーカーを使っている候補は誰もいないことに
気付きました。
もしかして、大音量での演説は迷惑なのかもしれない
と考えさせられました。
ここで読者の皆さんのご意見をお聞きしたいのですが、
朝からスピーカーの演説で騒々しいよりも、笑顔で
あいさつしている候補者のほうが感じはよいでしょうか?

上の中で、皆様のお考えに近い選択肢にクリックを
お願いします。