選挙に立候補するために、提出する書類が山のようにあります。
「立候補届」とか「選挙事務所開設届」とか「会計責任者届」とか
同じようなことを、いろいろな角度から書類にして提出するのです。
書類を書くだけでも結構大変です。
一枚で複写式にしてくれると、候補者はみな助かるのですが・・・。
また書類が多いということは、受付に時間がかかるということです。
選挙公示当日に書類受付が立ち往生しないように、「事前審査」
というものがあるわけです。
今日は、選管でその事前審査を受けました。
係官は、書類のチェックマニュアルを片手に、一字一句丁寧に
チェックしていきます。
私が指摘されたのは、住所表示が住民票と異なり、「番地」と
いう文字が抜けていたことでした。
どうでもいいような気がしましたが、あえて何も言いませんでした。
今日は、残念ながら書類審査は不合格で、次回は再来週に
再審査になってしまいました。
また書類は作り直しです。
私の事務所はいまだに事務局長が決まっておらず、自分自身が
候補者というより、事務に追われる事務局員のようで、実は
肝心の外回りがぜんぜんできておりません。
すこしあせっております。
事務をお手伝いしてくださる方いらっしゃらないでしょうか。
ご連絡をお待ちしております。
ところで、ここでひとつ臨時ニュースです。
私が立候補を予定している札幌市東区は、定数9に対して、
11名の候補者が手を挙げているのですが、今日の選管への
取材によると、「もう1名候補者が増えそう」ということです。
有権者にとって、自民でも民主でもない、第3の選択肢が
増えるのはよいことだと思います。
札幌市政の建て直しのために、共に頑張りましょう。