「在日外国人から違法献金を受け取った」と指摘されていた
民主党の前原さんがついに昨晩、外務大臣を辞任しました。
前原さんは、この外国人から25万円の献金を受け取った
のは事務所であって、本人は知らなかった、と言います。
国会議員は、議員報酬が年間数千万円もありますし、
まして前原さんのような大物政治家だと、事務所には
25万円くらいの献金が毎日入ってくるので、いちいち
議員には報告しないシステムになっているのでしょう。
献金を受け取っても、
 ・お礼の挨拶はしない
 ・なんの便宜も図らない
というのが政治家の常識なのかも知れません。
でも、ワタシのような庶民は普通、25万円ものお金を、
ひと様からいただいたら、一生忘れないと思います。
よく「政治とカネの問題」といいますが、結局は金銭感覚の
問題なのでしょう。
おカネまみれで、金銭感覚の麻痺した政治家に、庶民の
生活の苦しさや、将来への不安が分かるはずもありません。
政治という大義名分のもとに、いくらでもお金を集めて
蓄財できるいまの仕組みを変えなければ、いつまで
たっても政治家の利権や腐敗の構造は変わらない
のでしょう。
それにしても前原さん、ずいぶんあっさりと辞任しましたね。
最初は、潔い人だな、と思いました。
でもよく考えたら、菅さんの操る泥舟から逃げ出すため
「よい口実が見つかった」
とさっさと放り出したのが本当のところかもしれません。