現在サイトのリニューアル工事中です。見づらい点をご容赦ください。

「札幌型ものづくり振興戦略」を考える

「札幌型ものづくり振興戦略」を、いま札幌市が策定しています。
今日の経済委員会では、これについて審議が行われました。
「戦略」では、札幌市がものづくり産業全体の振興を図るための
5つの基本方針を定めるとともに、「食料品製造業」「金属・機械
製造業」「印刷業」「コンテンツ産業」「IT産業」「バイオ産業」を
主要な6産業と位置づけ、平成23年度から5年間に札幌市が
取組むべき施策を示しています。
詳細はコチラをクリック
あれ?
今日は平成23年11月末日。
平成23年度は、もう半分以上終わっています。
「いまさら案を作っているのは遅いのではないかな?」
というツッコミは置いておいて、この素案を良く見ると、実は結構
ズサンな内容で含まれていることが分かります。
ここでその一例を挙げます。
札幌市経済局の調査では、
「市内のコンテンツ産業は、平成21年時点で3489億円の産業」
であり、
「これを今後5年間で10%増やします」
との目標を掲げています。
実現できるなら、実に素晴らしいことです。
ところが、総務省の調査によると、札幌市内で映像・音声・出版・
新聞・ニュースなどの仕事に従事する人の数は、すこし古い数字
ですが、平成18年の時点で8242人に過ぎません。
「3489億円」を一人当たりで割り算すると約4200万円。
「3000億円超とは随分多いな」と疑問に思い、今日の委員会では
コンテンツ産業の「3489億円」をどうやって算出したのか、
質問してみました。
すると、経済局は、
「5年に一回、札幌市が調べる市民経済計算・産業連関表と、国が
毎年調べている簡易産業連関表から計算したものだ」
と説明します。
難しい説明でよく分からず、その場ではうなずくしかなかったのですが、
しかし、札幌市統計課の分厚い資料を取り寄せて調べると、そこには
なんと「コンテンツ産業」という項目はありません。
いったい、どうやって調べたのでしょうか?
また3489億円の内訳について、
「データ通信が590億円、映画製作・配給が227億円の規模である」
というのですが、そんな規模の企業が札幌市内にあるでしょうか?
私が議会でこの点を追及すると、経済局は
「市内事業者へ調査した積み上げでも、計算でもなく、あくまで推定」
であることを、明かしました。
つまり、「調査」ではなく、ただの「推定」だったのです。
政策の根拠となる数字が「推定」で、5年後の達成目標も「推定」では、
政策の効果測定ができるはずがありません。
5年後に鉛筆をなめて、「目標達成した」とでも言うつもりでしょう。
私はこういうズサンな仕事を、「お役所仕事」というのだと思います。
こんな無駄な仕事に多額の人件費が費やされていることが残念で
なりません。


明日30日の市議会では、札幌市の職員の給与を0.41%引き下げる
議案が本会議で議決されます。
いま震災で日本全体が被害を受け、未曽有の国難に直面しているなか、
0.41%などというミクロの引き下げで良いはずがありません。
民主党政府ですら、国家公務員給与の7.8%カットを提案しています。
我が会派は、明日の本会議で本案に反対するとともに、札幌市の職員
人件費をもっと大幅にカットすべきことを討論で述べるつもりです。
明日の審議は13時から、小生が討論に立ちます。
インターネットでも中継がありますので、お時間がある方はぜひご覧
いただければ幸いです。
札幌市議会インターネット中継はこちらをクリック
http://www.sapporo-city.stream.jfit.co.jp/

コメント

  1. 「札幌型ものづくり振興戦略」素案の意見
                               2011.12.3(土)
    結論: いち市民の提案
    1.「振興戦略テーマ:目的」を追加する
    2. 興戦略テーマ
    札幌スタイルの確立をするために「サッポロファションショーを実施する」
     3. 「札幌ファッションレボリューション」(学生クリエーターがファションショー)と  
       協賛する/連携強化
       http://sapporo.keizai.biz/headline/962/
    A.札幌型ものづくり振興戦略(素案)[概要版]をみて、下記事項を感じました。
      
    1. 実施計画がなく甘い。総花的である。
    2. テーマがシャープでない。
    ×多様な連携を通じた新たな価値の創造に挑戦するものづくり企業の創出
    3. 主要6産業の優先順位がない。
      多様な連携では、抽象的で、何も出来ない。
    ☆ 当方もIT産業「サッポロバレーに深く関わったが、成果が残っていない」
    ☆ また、6つの産業界とも接点はなかった。
    ☆ 産学官の連携は一部の産業単体内のみであった。
    B. ものづくり振興戦略策定にあたって、をみて、下記事項を感じました。
    1.企業の創造性の活用の考え方がいけない。
    ニッチトップ・オンリーワン企業をけん引役としてはいけない、新しい起業が生まれないし育たない。
    2.ブランド力は良いが「札幌スタイル」が見えてこなく、弱い。
     特に、施策展開(2) 地域ブランドの育成と販路の拡大支援の
    「札幌スタイル事業の推進」の実施計画がない。
    3.また、スイーツ王国さっぽろの推進とのそれこそ連携がない。
    結論
    基本振興戦略テーマ:目的
    札幌スタイルの確立をするために「サッポロファションショーを実施する」
    理由
    1.テーマがシャープでないと、全体の関連が見えず、実施計画が立てられず
     振興戦略が明確化させません。
      ×多様な連携を通じた新たな価値の創造に挑戦するものづくり企業の創出
    ◎ 札幌スタイルの確立をするために「サッポロファションショーを実施する」
    2. 6つの産業を「串刺しにする作戦です!! 」これが戦略的な発想です
    3.勿論、スイーツ王国さっぽろの推進も巻き込むのです。
      4. 既存の思考が漏れている新分野の取り込みをはかり、成功率を上げる。
     (札幌市の強み分析)
    5.「札幌ファッションレボリューション」(学生クリエーターがファションショー)と  
       協賛する/連携強化
    ———-私的——-
    現在、美容業界のベンチャーを起業しました(自称:団塊起業家です)。
      2000年からIT産業「サッポロバレーに深く関わった」が、失敗。
     
     「札幌型ものづくり振興戦略」素案の意見募集中を知り、その資料を見ながら瞑想していたら閃いた・・・・ので書き込みしました。
     先に述べてようにも今は美容業界。異業種参入して色々見えてきています。
    <基本振興戦略テーマ:目的 >
     札幌スタイルの確立をするために「サッポロファションショーを実施する」    
      が加わると、美容業界の一員として、施策展開(2) 地域ブランドの育成と
      販路の拡大支援の「札幌スタイル事業の推進」が見えてくる
    ☆ 札幌カットを試作する
    ・ 元気なおじいちゃんの素敵な札幌カット
    ・ 冬の札幌の寒さに暖かいカット/省エネカット
    ・ 札幌の街に合うデザイナーカット/オリジナルカット
    現在、試作中
    応募予定
    既存の業界も新しい発想で協賛できる
    美容室が 参画する
    各部門の参加を募る
    ☆ 札幌カットを試作する
    ・ 元気なおじいちゃんの素敵な札幌カット
    ・ 冬の札幌の寒さに暖かいカット/省エネカット
    ・ 札幌の街に合うデザイナーカット/オリジナルカット
    下記の本社オフィス 経営戦略室 担当: きくち迄 ご連絡頂けると幸いです
    011-611-7162     harumi-kikuchi@jcom.home.ne.jp
    090-5223-1764    hk.hanppen-k810@docomo.ne.jp
    ————————————————
    株式会社 Bees & Beehive ビーズ アンド ビーハイブ
    URL    http://www.beesbeehive.com/
    ———————————————————
    <目指す3つの事業>
          1.直営美容室事業    美容サロン: フォレズ円山 Forez
         2.レンタル美容室事業 多目的スペース: Beesコーナー
         3.美容師向け情報提供サービス事業
    <業種>  美容所業  情報提供サービス業
    ・資本金 6,000千円 (COO菊地裕子5.000千円)  ・設立登記 2011.1.28
    ・代表取締役会長 CEO 菊地晴海  kikuchi harumi   
    <本社オフィス : 経営戦略室>
    〒063-0004  札幌市西区山の手4条11丁目6-1-403号
     Tel&Fax 011-611-7162
     
    ☆ロハス LOHAS : フランスの自然をお届けします
    主婦が求めている地域に密着した「心地よいひとときを提供する」
    美容サロンを目指します  
    <店舗>   http://locoplace.jp/t000145859/
     ・美容サロン: フォレズ円山 Forez  80m2
       〒064-0820 札幌市中央区大通西25丁目1番1号 ワールドビル2階
    ・多目的スペース: Beesコーナー  20m2
    /みんなの広場/掲示板/KIDSコーナー/自作品展示/フランス直輸入のハーブティー/
          011-643-1919 E-mail info@beesbeehive.com 
    アクセス 地下鉄東西線 円山公園駅 5番出入口 徒歩O分
       ホームページ      http://www.beesbeehive.com/
       フォレズ円山Forez http://locoplace.jp/t000145859/
       関連会社 北海企画㈱   http://www.hokkaikikaku.com

  2. ほんとうに ひどい”推定” 有罪ですねこれは?
    ”ものづくり”と言うより、何か市の外郭団体か役人の天下り先に発注するための”既成事実づくり”と疑ってしまいますね!
    本日は勇姿を拝見にいけませんのでネットで見ています!
    金子さんよろしくおねがいしますm(。_*)m